« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月25日 (土)

エゴン・シーレの映画

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」を観た。20世紀初頭のウィーンを舞台に、28歳で夭折した天才画家の生涯を描く作品。
 
その昔、「エゴン・シーレ」という映画を観たことがある。1983年公開だから34年前か。大昔だな(苦笑)。もう内容なんか殆ど覚えていないけど、世紀末的退廃ムードの強い映画だったような。シーレを演じた男優(マチュー・カリエール)もちょっとニヒルな感じの美青年。
それに比べると新作の主演俳優ノア・サーベトラは爽やかさも感じられる美男子で、ちょっとディーン・フジオカ入ってるような。(苦笑)
 
物語はシーレと女性たちの関わりを軸に展開していく。男女関係に近い親密さを見せる妹のゲルティ、タヒチの娘で踊り子のモア、師であるクリムトのモデルだった赤毛のヴァリ、結婚相手となるエディット・ハルムス、その姉のアデーレの5人。
このうちシーレにとって最も大きな存在だったのはヴァリ。彼女をモデルにした傑作を、シーレは次々に生み出していく。飛び切りの美人とはいえないが、画家に霊感を与える女神的存在であるヴァリを、ヴァレリー・パハナーという女優さんが表情豊かにチャーミングに演じていて、画家との愛の生活、そして破局に至るドラマが心を打つ。
 
第一次世界大戦の戦火がヨーロッパに広がる中、若き才能ある画家として注目されつつあったシーレはヴァリと別れ、中産階級の娘であるエディットと結婚する。ヴァリは従軍看護婦となり、1917年12月戦地で病死する。その知らせを受けたシーレは、完成させた大作の題名を「男と乙女」から「死と乙女」に変更する。ヴァリへの追悼の気持ちの現れだったのだろう。
 
1918年10月、大流行したスペイン風邪にかかりシーレは死去。その3日前に妻エディットも同じ病で死亡していた。だが、一組の男女の運命的な繋がりの強さを見出すべきなのは、一年足らずの間にヴァリとシーレが相次いで世を去ったという事実だろう。
 
この映画を観て感じたのは、芸術至上主義を信じる芸術家がまさにリアルに生きていた、そういう時代がかつてあったということ。そしてエゴン・シーレは、その時代の最後に彗星のように現れて、妖しい輝きを放ちながら消えていった天才だったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

『応仁の乱』に注目

中公新書『応仁の乱』(呉座勇一・著)が、販売部数10万部を超える注目の本に。同書は、先日発表された「新書大賞」(中央公論新社主催)でも、昨年発行の新書ランキング5位の評価を獲得している。毎日新聞サイト本日付発信記事(「不人気」応仁の乱、異例のヒット)から以下にメモ。
 
本書の読みどころは、広く知られた定説を覆すところにある。
まずはこれまでの説をおさらいしてみよう。銀閣寺(京都)を建てたことで知られる室町幕府八代将軍の足利義政が文化に力を入れるあまり政治に関心を示さなくなり、弟義視(よしみ)を後継者に決めた。しかし、「悪妻」とされる日野富子が、その後産んだ義尚(よしひさ)を後継ぎにしようと「ごり押し」したことで、それぞれの後見である細川勝元(東軍)と山名持豊(宗全、西軍)をはじめとする有力大名が争った――と伝えられることが多かった。
 
しかし、呉座さんは「日野富子の悪女説は(歴史上の合戦を題材にした文芸作品である)軍記物『応仁記』が起源です。近年の研究で虚構性が指摘され、歴史学界での富子への評価は、経済面から幕府を支えた存在に変わりつつある」と解説する。きちんとした史料には、富子が直接的に開戦に関与した形跡は見当たらず、義政も政治に無頓着なわけではなかったという。
開戦の直接的なきっかけは、有力大名だった畠山氏の家督争いだが、さまざまな思惑を持って多くの大名が戦乱に参加し、京都は焼け野原になってしまう。
1467年に始まった戦乱は1477年まで延々と続く。そして結局、勝者も敗者もはっきりしないままに終戦を迎えた。一言で言えば「ぐだぐだ」である。

売れ行きは好調だが、決して易しい本ではない。開戦26年前の六代将軍・義教(よしのり)暗殺(嘉吉の乱)など戦乱に至るまでの背景も丹念に描き、巻末の人名索引は約300人もの名前を掲載する。入り組んだ人間関係を過度に図式化することは避け、興福寺(奈良)の高僧が残した日記などを基に「同時進行ドキュメント」のような一冊にしたのは、呉座さんが「この先に何が起こるのか知るよしもない当時の人々の視点から、乱を描きたかった」ためだ。

・・・確かに、応仁の乱は「ぐだぐだ」ゆえによく分からない戦いだから「不人気」であるのだと思う。でもだからこそ知りたいという潜在的欲求があり、それに応えたのがこの本であるということなんだろう。でも店頭でぱらぱら見たけど、確かに簡単に読める本じゃないんだよね。ということで、自分はとりあえずもう少しやさしめな『戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本』(じっぴコンパクト新書)を買いました。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

『1984年』、米国で再読気運

新宿の書店「ブック・ファースト」で、最近アメリカで売れている小説として、ジョージ・オーウェルの『1984年』がディスプレイされているのを見て「へぇ」と思っていたら、今朝のTBS「サンデーモーニング」でも、その話が取り上げられていて、ますます「へぇ~」という感じだった。
 
1949年に出たというこの小説を、自分は読んでないけど、とりあえず鮎川信夫の晩年の名コラム「時代を読む」から1983年末に書かれた文章(「オーウェル『一九八四年』」)の一部をメモしてみる。
 
(『一九八四年』は)六十二ヵ国に訳され、何千万の人に読まれたというから、迫りくる全体主義国家の恐怖のイメージは、世界じゅうの人たちに悪夢を植えつづけてきたといってよいだろう。
オーウェルの描いた全体主義国家の像は、明らかにスターリン体制をモデルにしている。偉大な兄弟(ビッグ・ブラザー)はスターリンだし、人民の敵ゴールドスタインは、トロツキーである。党の三大スローガンは、戦争は平和である、自由は屈従である、無知は力であるだが、一党独裁の国家なら、これぐらいの詭弁は朝飯前のことだろう。党員は、テレスクリーンや隠しマイクで看視されていて、偉大な兄弟や党に反逆すれば、容赦なく粛清される。
完全な虚構(フィクション)であり、極度に劇画化されているが、これはどうみてもスターリン体制以外のものではない。
歴史も、現実も、人間も、スターリン体制下では、いかようにも変造可能である。こうしたオーウェルの認識は、きわめてペシミスティックで、暗い。洗脳されて、考えることをやめた主人公は、最後には偉大な兄弟を、本当に愛するようになってしまうのである。
 
・・・『1984年』は概ね、超管理社会、全体主義、国家による洗脳を描いた物語だと思われるが、アメリカにおける関心の高まりは、「オルタナティブ・ファクト」(もう一つの事実)や「ポスト・トゥルース」(脱真実)という言葉が流通する昨今の社会状況が背景にあるんだろうから、ひとまず「洗脳」に対する理解の手がかりとして注目されているような感じ。
 
最近、目に付いた指摘によれば、SNSに熱心な人は自分の意見と同様の意見を集める傾向があるという。そうだとすると今は自分で自分を「洗脳」するような感じになるのかな。まあとにかく、いつでも自分とは異なる意見に接してものを考えないといかんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

大統領令の威力

TPP離脱、メキシコ国境に壁を建設、イスラム圏からの入国制限等々・・・トランプ大統領が次々に打ち出す大統領令の威力はどれほどのものなのか。本日付日経新聞の「親子スクール」(米国の大統領令って何?)から以下にメモする。
 
憲法は大統領の幅広い権限を認めている。大統領が出す命令、大統領令は法律と同じ力を持っている。
米国の議会は二院制で、法律は上院、下院の賛成を得て、大統領の署名によって成立する。でも、例えばオバマ前大統領は民主党だけど、議会は野党議員が過半数の「ねじれ」状態だった。法律が通りにくいから、オバマ前大統領も大統領令を出すことはあった。
トランプ大統領は共和党出身で、いまは議会も共和党が過半数を占めている。法律を通しにくい状況とも言えない中で、大統領令を出すのは、有権者へのアピールと見られている。大統領令を使って、公約を本当にやるという意志を見せているのだ。
そもそも、米国では法律をつくるのは議員の仕事で、大統領じゃない。だから法律をつくるには議会にお願いするしかない。「一般教書演説」は、大統領がこれからやりたい政策を挙げて、そのための法律をつくるよう議会に訴えかけているのだ。
議会は大統領令を覆す法律をつくれる。また、最高裁判所が「この大統領令は憲法違反」と判断すれば、無効となる。トランプ大統領の思い通りになるかは分からない。
 
・・・いちおう司法や立法のチェックも働く仕組みになっているから、大統領令がすべて完全に実現するとは限らないとはいえ、大統領が就任直後から選挙公約をすぐさま「実行」に移すことは、確かに支持者には大いに満足感を与えるだろうなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

吉祥寺人気に陰り

「住みたい街」の代名詞と言えば吉祥寺・・・だったはずだが、その人気にも陰りが見えてきたようで。朝日新聞デジタルの本日付配信記事からメモ。
 
首都圏で賃貸で住みたい駅は目黒、荻窪、武蔵小杉の順で人気が高く、ランキング上位の常連だった吉祥寺は2年連続で11位以下に転落・・・。不動産情報を扱うオウチーノ総研が、オウチーノの賃貸サイトへの2016年のアクセス数を基にランキングを発表した。
 
1位 目黒駅  2位 荻窪駅  3位 武蔵小杉駅  4位 赤羽駅  5位 池袋駅  6位 恵比寿駅  7位 大泉学園駅  8位 北千住駅  9位 三鷹駅 10位 中野駅
 
ランキングを始めた12年の首位は吉祥寺で13~14年も2位だったが、15年からトップ10圏外に転落。代わって14年に圏外からトップに躍り出たのが目黒で、15年も2位につけた。
一方、15年から4位に急浮上したのが赤羽。清水菜保子・主任研究員は「家賃が手頃なのに加え、漫画やドラマの影響もあるのではないか」と言う。
清水さんは「吉祥寺は駅前が発展しすぎて、駅近の物件が少なく、休日の混雑などからも住む街としては魅力が下がったのでは。通勤の利便性なども含め、幅広い選択肢の中から自分に合った街を選ぶようになっているようだ」と分析している。
 
・・・トップ10のうち、目黒と恵比寿はシングル向け家賃の相場が15~16万円台とのことで、「住みたい」けど「住めない」街だな。(苦笑)
 
自分が吉祥寺にある大学に通っていたのは、もう40年近く前のこと。随分昔だなと自分でも唖然とするが。昔の吉祥寺の雰囲気は賑わいと落ち着きが程よくブレンドされていたと思うのだが、今では開発されすぎたという感じかも。上記トップ10に荻窪と三鷹が入っているのを見ると、中央線ライフを楽しむなら荻窪か三鷹に住んで、吉祥寺に遊びに行くというイメージが浮かぶ。どうやら吉祥寺は「住みたい」街ではなく、「遊ぶ」街に変わってしまったようだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

ジョン・ウェットン死去

訃報が飛び込んできた。常にプログレッシブ・ロック界の第一線で活動してきた男、ジョン・ウェットン。1月31日、がんにより急死。享年67歳。
 
2015年春、中野サンプラザで行われた再結成UKのラストコンサートを自分も目撃。まさかあれからたった2年で、ジョン・ウェットンがこの世を去るとは夢にも思わなかった・・・哀しくも残念としか言いようがない。
 
ジョン・ウェットンのキャリアにおいて、代表的なバンドとして名前が挙がるのはキング・クリムゾンであり、エイジアであるかも知れない。しかし70年代ティーンエイジャーである自分にとって、クリムゾンというカリスマ・バンドに比べたら、エイジアの音楽はとてもじゃないがプログレとは呼べないのが正直なところ。
自分が実際にジョン・ウェットンのステージに接したのは1979年のUK来日(日本青年館)、そして30年の時を経た2011年、2012年の再結成UKの来日(川崎クラブチッタ)ということもあり、自分にとってはジョン・ウェットンと言えば、エイジアよりもUK、という印象は強い。
今となっては、UK復活はジョン・ウェットンがこの世を去る直前に我々に遺してくれた奇跡のような置き土産だったと改めて感じるばかりである。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »