« ヒロシの語る「ネガティブ哲学」 | トップページ | ジョン・ウェットン死去 »

2017年1月17日 (火)

競争戦略の目的とは

今や企業経営者の主要な仕事とも言える「事業戦略」や「競争戦略」の構築。その目指すところは高収益。では、高収益を実現する王道とは何か。本日付日経新聞市況面コラム「一目均衡」(「競争戦略」とは何か)からメモ。
 
戦略とは何だろう。私見ではその会社ならではの「価値ある独自性」の追求である。横並びから脱却し、他では提供できない価値を顧客に届けることだ。それが収益力の源泉にもなり、社会貢献にもなる。
 
例えばベビー用品大手のピジョンを見てみよう。同社の売上高は1千億円に満たないが、営業利益率は15%を超え、日本のメーカーとしては例外的な高収益体質を構築した。何が原動力になったのか。山下茂社長は「生後18ヵ月までの赤ちゃんに的を絞ったことだ」という。この年齢の赤ちゃんの哺乳に関わる事項は世界共通であり、「いい哺乳器」を開発できれば、国籍を問わず通用する。
現に母国市場の日本が少子化で赤ちゃんの数が減っているなかでも、海外事業を大きく伸ばし、過去5年で全社の売上高を1.5倍に増やした。
 
見逃せないのは、「何をするか」が明確になれば、「何をしないか」もはっきりすることだ。ベビー服は哺乳器よりはるかに市場規模が大きいが、技術による差別化が難しく、かつ市場ごとに消費者の好みが違うので、参入しない。もっとも山下社長は「最初から明確な戦略があったわけではない。様々な失敗を経て、今がある。今後も試行錯誤は続くだろう」という。
 
・・・独自性の確立こそが事業戦略の目的であり、高収益への道である。しかしその道を見い出すためには、試行錯誤は避けられない。やはり失敗を恐れてはいけない、ということだな。

|

« ヒロシの語る「ネガティブ哲学」 | トップページ | ジョン・ウェットン死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/69280846

この記事へのトラックバック一覧です: 競争戦略の目的とは:

« ヒロシの語る「ネガティブ哲学」 | トップページ | ジョン・ウェットン死去 »