« 改憲して参議院廃止。とか。 | トップページ | ウルトラマン放送開始50年 »

2016年7月 7日 (木)

下蒲刈島の文化的取り組み

今日の日経新聞「広島経済特集」の紙面、下蒲刈島の蘭島閣美術館の写真が目に付いて、去年の秋にこの場所に行ったものだから「へぇ~」って感じがした。

記事によると何でも、下蒲刈島から東に向かって上蒲刈島、豊島、大崎下島、平羅島、中ノ島、岡村島に至る7つの島が橋で結ばれており、地元では7つの島の周遊ルートを「とびしま海道」と名付けて、共同でウオーキングやサイクリングなどのイベントを企画しているとのこと。

2_4自分が下蒲刈を訪ねた時の目当てだった「朝鮮通信使」行列(写真、背景の建物が蘭島閣美術館)については紹介されていない(ちょっとマイナーなイベントだからかな)けど、日経記事から下蒲刈島の文化的な取り組みについて、以下にメモする。

下蒲刈島では1991年から、旧下蒲刈町(現呉市、03年に合併)が「ガーデンアイランド構想」を推進。町の活性化のために文化と歴史の掘り起こしが重要と考え、島全体を庭園に見立てた施設整備に乗り出した。目抜き通りに石畳を敷き、山口県や富山県にあった築100~200年の旧家を移築して歴史資料館にした。
そのうちの一つ、蘭島閣美術館では毎月「ギャラリーコンサート」を開催。NHK交響楽団やウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏者が出演するなど、出演者の知名度や質の高さで音楽ファンに注目されるイベントになっている。一連の取り組みが評価され、同島は昨年「サントリー地域文化賞」を受賞するに至った。

・・・このほか、記事によれば大崎下島・御手洗地区の伝統的町並みも観光客を集めているとのことで、またここら辺の島々を訪ねる機会を作ってみようかなと思ったりする。

ところで、瀬戸内海県民は太平洋や日本海は波が高くて怖いと感じるそうだ。最近の「ケンミンショー」でやってた。太平洋となると、何にもなくて水平線が見えるのが不安になるとか。その感覚は自分も何となく共有できる。東京生まれ・育ちの自分も、大小の島々の浮かぶ穏やかな瀬戸内海を見ると、なぜか「懐かしい」と感じてしまう。その昔、「瀬戸の花嫁」という歌が大ヒットしたのも、分かるような気がするのだ。

|

« 改憲して参議院廃止。とか。 | トップページ | ウルトラマン放送開始50年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/66394563

この記事へのトラックバック一覧です: 下蒲刈島の文化的取り組み:

« 改憲して参議院廃止。とか。 | トップページ | ウルトラマン放送開始50年 »