« 下蒲刈島の文化的取り組み | トップページ | 16世紀という転換期 »

2016年7月10日 (日)

ウルトラマン放送開始50年

今から50年前の昭和41年(1966)7月10日、TBSで「ウルトラマン前夜祭」として、第1話の放送に先立ち杉並公会堂で行われた番組PRイベントの模様が放映された。ということで、50周年記念イベント「ウルトラマンの日 in 杉並公会堂」が昨日今日と二日間の開催。どんな感じになっているのかなあと、現地に足を運んでみた。

有料イベントに参加する程の熱意もないので(苦笑)、とりあえずグッズ販売のスペースを覗いてみたのだが、まあ盛況のひとこと。老いも若きも男も女も相集う状況を目のあたりにして、本当にウルトラマンは国民的ヒーローなのだなという認識を新たにした。

Photo_2会場には歴代ウルトラマンが勢ぞろい。しかしウルトラマンって、こんなにいたんだなあ。真ん中の空いたスペースに、希望者が入って記念写真を取るサービスをやっていたのだが、順番待ちの人たちの列が出来て、途切れることなく写真撮影が続いていた。

50年前の小学1年生である自分は、いわばウルトラの「第1期生」。そんな自分にとってのウルトラマンとは、マンとセブン、それと帰ってきたウルトラマンまでかなあ。という感じなので、こんなに大量のウルトラマンを見せられても途方に暮れるしかない。(苦笑)

それに正直言えば、俺はウルトラマンより怪獣が好きなんだ! そして怪獣と呼べるものは、成田亨デザイン、高山良策造形の怪獣だけだ! という思いに凝り固まってしまっている。(苦笑)

それにしても50年か・・・。一口に50年と言っても、長い長い年月であることは間違いない。何年か前にNHK「歴史秘話ヒストリア」で、ウルトラマンに深く関わった伝説的脚本家、金城哲夫が取り上げられた時も感じたが、ウルトラマンももはや「歴史的」な存在になりつつあるなと。そして自分も、その歴史を生きていたのだと思うと何とも不思議な心持ちになる。

|

« 下蒲刈島の文化的取り組み | トップページ | 16世紀という転換期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/66440137

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマン放送開始50年:

« 下蒲刈島の文化的取り組み | トップページ | 16世紀という転換期 »