« 柳澤協二氏のお話を聞いた | トップページ | 仏教が無力である理由 »

2016年5月22日 (日)

「団地」を巡る雑感

サラリーマン引退後は、古ーい安ーい公団住宅にでも住もうかと思い始めた。公団住宅ようするに団地、今でいうUR賃貸住宅である。昔は「空き家募集」というのが年4回行われていたが、今はどこでも空き部屋があれば、いつでも入れる。一人で申し込めるのは1DKとか1LDKという制限も今は無い。保証人も不要だから自分のような一人もんには好都合だし、更新料がないのも有り難い。

ということで、今年初めから物色をぼちぼち始めたところ。今は会社に比較的近い場所、東京都区部の東の端っこに住んでいるが、引退すれば通勤時間とか関係ないので、東京都内の西の方に移ろうと思い、パンフレットやサイトで主に西武線沿線の団地の情報を眺めている。

改めて思い出すと、自分も団地に結構長いこと住んでいた。高校生の頃の江東区南砂住宅を振り出しに、数か所の公営住宅に結局、通算18年余りの居住経験がある。南砂に5年間のほか、西葛西駅近くの江戸川区清新町住宅の居住も9年間と長かった。

そんな感じで団地のことを考え始めたら、雑誌「東京人」6月号の特集が「東京なつかしの団地」ときたので購入。特集の中の、是枝裕和(映画監督)、重松清(小説家)、原武史(政治学者)の鼎談記事を読み、そこから重松と原、両氏の対談本『団地の時代』(新潮選書、2010)も読み、今日は是枝監督の最新作「海よりもまだ深く」も観てきた。

映画の舞台は西武線沿線の団地。阿部寛演じる主人公は、別れた妻子との関係やら仕事やらギャンブル癖やら、いろいろこじらせている中年男。そのお母さん役の樹木希林が面白い。自然で味わい深い演技、何気なさが凄すぎる。主人公と掛け合い漫才風に語らいつつも、それとなく諭します。失われたものや叶わぬ夢を追いかけるのは諦めないと、幸せにはなれないよ。みたいな感じで。

『団地の時代』については、西武と東急の戦略の違い、というか西武の戦略不在?と東急のブランド化推進により、沿線イメージに大きな差が開いた、というような感じの話が面白かった。

自分の団地経験は高校生以後、町中の工場跡地や埋立地に建てられた団地に住んでいたというもので、新しいライフスタイルとして2DKが持て囃されたという郊外団地に子供の頃住んでいた人との経験とはかなり違うこともあり、団地に対して懐かしいという感覚はない。でも、確かに団地は日本の社会を映す鏡の一つであるとは思える。国土交通省は、URの大型団地の医療福祉拠点化を進める(今年1/19付日経新聞)とのことだが、これからの団地がどのように変わっていくのか、注目しておきたい。

|

« 柳澤協二氏のお話を聞いた | トップページ | 仏教が無力である理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/65618137

この記事へのトラックバック一覧です: 「団地」を巡る雑感:

« 柳澤協二氏のお話を聞いた | トップページ | 仏教が無力である理由 »