« デカルト的「精神」は近代的「魂」 | トップページ | 石川数正の「出奔」 »

2016年4月 4日 (月)

「関ヶ原」新史料発見とか

関ヶ原の合戦直後の貴重な史料が見つかったとか。毎日新聞サイトの本日付配信記事からメモ。

関ケ原の合戦の呼び名は当初、「青野カ原の合戦」だった?――。京都市右京区の陽明(ようめい)文庫(名和修文庫長)に保管されていた古文書「前久(さきひさ)書状」に合戦直後の様子が詳細に記され、戦いの場所が「関ケ原」ではなく「青野カ原」と書かれていたことが分かった。合戦に関する戦記物などは多数現存するが、合戦直後の1次史料は非常に少なく、専門家は「当時の状況が分かる第一級の史料」としている。

調査した石川県立歴史博物館館長の藤井譲治・京都大名誉教授(日本近世史)が2月、陽明文庫講座(東京大学史料編纂所・科研費プロジェクト主催)で発表した。

戦国時代の公家・近衛前久(1536~1612年)が記した前久書状。合戦5日後の慶長5年9月20日に書かれたもので、徳川家康が江戸城を出発した日時や小早川秀秋の寝返りなど14項目にわたり、かなり正確に記述されていたことが判明した。

藤井教授は書状に「青野カ原ニテノ合戦」と記載されていたことに着目。青野カ原は南北朝時代の古戦場として当時から知られていたことや関ケ原から東北東約8キロの地点にかつて「青野村」(現・岐阜県大垣市青野町)があり、毛利家一族の吉川広家の自筆書状や「慶長記略抄」の狂歌にも関ケ原の戦いが「青野か原」と記載されていると指摘している。

「関ケ原」の記述が出現するのは主に同年10月以降の島津家の古文書から。藤井教授は「当初は関ケ原の戦いという呼び方ではなかった」と推測している。

・・・この史料により「関ケ原の合戦の認識が変わる可能性がある」(藤井教授)とのことだが、自分的には小早川の裏切りがどう書かれているのか気になる。最近では、小早川は開戦と同時に東軍として参戦し、西軍は2時間で崩壊したという説もあるので。

|

« デカルト的「精神」は近代的「魂」 | トップページ | 石川数正の「出奔」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/64810126

この記事へのトラックバック一覧です: 「関ヶ原」新史料発見とか:

« デカルト的「精神」は近代的「魂」 | トップページ | 石川数正の「出奔」 »