« 「させていただく」の由来 | トップページ | ホッパー「ナイトホークス」 »

2016年3月22日 (火)

「回天」基地の島

年度末。まず休暇の消化を決めて、さて何をするかと考えた。で、前から何となく気になっていた場所に行ってみるかと、瀬戸内海の大津島(おおづしま)にある回天記念館を訪ねた。

Photo
太平洋戦争末期の特攻兵器である人間魚雷「回天」。大津島は、その訓練基地のあった場所。徳山駅前のフェリー乗り場から船に乗って、大津島の「馬島」まで40分(直行便なら20分)で到着。そこから10分程歩いた高台に回天記念館がある。建物の入り口横には、回天の模型が展示されている。全長約15メートル、直径1メートル。「人間魚雷」回天、その姿はとりあえず一人乗り型の潜水艦というところ。

Photo_2
大津島の海岸に残るこの構築物は、もともとは九三式魚雷の発射試験場として昭和14年に作られた施設。回天が九三式魚雷をベースに開発されたこともあり、この施設を利用して回天の操縦訓練が行われ、島に基地も建設されたということである。

ここに来るまでの自分の回天に対するイメージは、敗色濃厚な戦争末期に現われた苦し紛れの兵器というものだったが、記念館の展示を見ると、かなり大規模な組織的プロジェクトだったんだなあとちょっとびっくり。回天の基地は大津島の他に山口県の光(ひかり)と平生(ひらお)、大分県の大神(おおが)の合計4ヵ所あり、いずれも工場や兵舎などの施設が整えられていた。全国から集められた志願兵約1,400名は、昭和19年9月から「新兵器」の運用をマスターする特訓開始。一日のカリキュラムを見ると、予定がびっしりなのにまた驚く。訓練中の事故死もあったとのことだが、とにかく2ヵ月の猛訓練を経て11月から実戦に投入。翌年昭和20年8月までの出撃回数は約30回。大型潜水艦に目標近くまで運ばれる形で出撃するのだが、諸々の条件や事態に左右されて、攻撃にまで至らず帰還する場合もあり、空母や戦艦など大物の敵艦を沈めたという戦果は皆無。やはり相当運用の難しい兵器だったのは否めない感じだ。なお回天に係わる戦没者は搭乗員に整備員他も含めて145名、没時平均年齢21.1歳とのこと。

強い使命感があれば、人は死ねるのかも知れない。あるいは、死を納得するために使命感を湧き立たせるのか。そこは分からないにしても、戦争についていつも思うのは、時代が違えば人の運命は恐ろしい程に違うという残酷な現実だ。

|

« 「させていただく」の由来 | トップページ | ホッパー「ナイトホークス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/64600023

この記事へのトラックバック一覧です: 「回天」基地の島:

« 「させていただく」の由来 | トップページ | ホッパー「ナイトホークス」 »