« 永遠のゼロ金利? | トップページ | 「世界資本主義」と歴史の反復 »

2016年1月 3日 (日)

「トランプ現象」の何だかなぁ~

元日付日経新聞国際面「2016米大統領選・細る中間層」からメモする。

今年11月の米大統領選の予備選が2月1日に始まる。民主党は本命、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)が他を引き離す。共和党は不動産王ドナルド・トランプ氏(69)が世論調査の支持率で首位を走る。トランプ氏が今なお躍進している背後には、政治的に穏健な無党派が多い中間層の空洞化という米社会の構造的な変化がある。

米世論調査機関のピュー・リサーチ・センターによると、2015年初めに米国のいわゆる中間層に当たる成人数は1億2080万人に上った。低所得層と高所得層は計1億2130万人。(中間層家庭の年収4万2000~12万6000ドル、円換算で500万~1500万円)
ここ数十年間で中間層は減り、高所得層と低所得層はいずれも増えた。

米国で目立つ中間層の衰退は政治的なリスクとも連動する。中間層の人々が経済的な理由からそれまでの生活水準を維持できなくなった時に、その不満は情緒や感情で態度を決めるポピュリズムと結びつきやすくなるからだ。

(ある演説会で参加者に尋ねた。)「なぜトランプ氏を支持するのか」。最も多い回答は「ほかの政治家と違い正直だから」。政策より気分を重視している実態が、ここでもうかがえる。

・・・「トランプ現象」とは、政治における本音主義なのかアマチュア主義なのか。既存の政治に対する不満を示しているとしても、「身も蓋もない」主張がまかり通る、それが結構受けるという有り様は何だかなぁ~である。民主主義の病的様相には、その国ならではの現れ方があるようだ。

|

« 永遠のゼロ金利? | トップページ | 「世界資本主義」と歴史の反復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/63275059

この記事へのトラックバック一覧です: 「トランプ現象」の何だかなぁ~:

« 永遠のゼロ金利? | トップページ | 「世界資本主義」と歴史の反復 »