« 「世界資本主義」と歴史の反復 | トップページ | 障害と闘う勇気に教わる »

2016年1月19日 (火)

ロックの70年代が消えていく

デヴィッド・ボウイに続きグレン・フライ(イーグルス)の訃報が届いた。
自分はどちらもそれ程熱心なファンではないけれど、今年に入って立て続けのロック・スター死去となると、やはり感慨めいたものが生まれる。

4年前の夏、ジョン・ロード(ディープ・パープル)が亡くなった時、自分はブログにこう記した。
「自分がティーン・エイジャーの頃のヒーローが、この世を去っていく時期に入ってきたようだ。向こう10年位は、さびしいニュースを聞く機会が増えるんだろうか」
そうなってきたよなあ・・・かつて若くして世を去ったトミー・ボーリン(ディープ・パープル)、ジョン・ボーナム(レッド・ツェッペリン)、フレディ・マーキュリー(クイーン)の死はかなりのショックだった。最近亡くなったロック・スターは短命というわけではないから、ショックという程でもないが、やはりさびしいと感じるニュースではある。

昔は良かった、みたいなジジくさい言い方はあんまりしたくないのだが、ロックについては昔、70年代は良かったとしか言いようがない。
あの頃、一世を風靡したロック・スターが世を去る。70年代は遠くなりにけり、どころか消えていく、という感じがする。

70年代ロック・・・そうだ今年2016年はリッチー・ブラックモア・イヤーなのだった。6月予定のハードロック復帰ライブ、71歳になるリッチー御大が無事にステージに立っていることを願う、ぞ。

|

« 「世界資本主義」と歴史の反復 | トップページ | 障害と闘う勇気に教わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/63546131

この記事へのトラックバック一覧です: ロックの70年代が消えていく:

« 「世界資本主義」と歴史の反復 | トップページ | 障害と闘う勇気に教わる »