« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

17世紀キリスト教国家観の転換

放送大学「ヨーロッパの歴史Ⅰ」講座テキストから、神聖ローマ帝国における国家観の転換を扱っている部分(皆川卓・山梨大学准教授の担当)を以下に要約的にメモする。

中世ヨーロッパは「キリスト教国家」と呼びうる一つの巨大国家で、帝国や王国はその一部だった。世界も国も全て神の被造物という理解であり、皇帝や王も自身の権力を神の権威によって正当化した。
中世の神聖ローマ帝国も、キリスト教信仰に支えられていた。しかし帝国の皇帝は世界の支配者として、同じく世界の教会の頂点に立つローマ教皇としばしば対立した。その際に教会の支持を得た領邦君主や帝国自由都市も「神の付託」を掲げることができた。皇帝は聖性を独占することはできなかったのである。

16世紀の宗教改革以降は「神の付託」、神意そのものの根拠が揺らいでくる。プロテスタントの間では、カトリックの皇帝が君臨する帝国をどう理解するのかが深刻な問題となった。さらに三十年戦争(1618~1648)をきっかけに、帝国とは何かという議論が活発化する。
プロテスタントは聖書を神意の拠り所とするが、神意の見つけ方は聖書には書かれていない。そこで生まれたのが、自身の理性を働かせ、経験的事実を受け止めて、現実の国家を動かす神意を知ろうとする姿勢である。当時、デカルトの『方法序説』に示されるように、神の創造した自然を各人の理性によって受け止め、誰もが確実と認めうる論証によって神意をつかもうとする、そのような時代背景があった。

国家観が「神の国家」から「人の国家」へ転換する決定打となったのは、トマス・ホッブズの『リヴァイアサン』(1651)である。このイングランドの政治哲学者は神の存在を否定はしなかったが、神が人々に理性を与えて、後は人間がその理性を使って自分自身に好ましい状況に導くという構図で国家を説明した。ホッブズの発想は、神の付託を個々の政治行為から切り離すという革命的なものだった。

ホッブズの衝撃を受けたプーフェンドルフの著作『ドイツ帝国の状態について』(1667)では、神の付託という発想はほぼゼロであり、これ以降、政治理論の世界では、帝国が「神の国家」であるという議論は急速に廃れていった。

こうして「神の国家」ではなくなった近世の神聖ローマ帝国は、まさしく「神聖でもローマ的でもなく、帝国ですらない」(ヴォルテール)、「人の国家」(領邦)の連合体であった。

・・・近代国家論においては、やっぱりホッブズの存在は大きいのだな。ところでこの放送大学「ヨーロッパの歴史Ⅰ」全15回講座の中で、朝日カルチャーセンター講師でもある甚野、皆川両先生の講義は要チェックです。7月には再放送が予定されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月30日 (土)

鈴木商店は近代日本産業の源

鈴木商店というと、昭和恐慌の時に倒産した会社だよね、歴史の教科書に載ってた、という感じくらいしかないが、先日、鈴木商店を取り上げた毎日新聞記事(5/27配信)を見て、そういや最近日経新聞にも記事があったなと思い出したのでメモする(2/20付文化面記事「伝説の商社の残光を追う」小林正幸・双日総合研究所主任研究員)。

07年、双日の秘書部に配属されたのが、鈴木商店に興味を持ったきっかけだ。ニチメンと日商岩井が合併して双日となり、攻めの経営に転じようという時期で、重要な法人顧客のリストを作る仕事を任された。その顧客の多くが、かつて存在した鈴木商店を源流としていることにまず驚いた。神戸製鋼所、帝人、太陽鉱工、日本製粉などだ。双日も前身の日商岩井のさらに前進の日商が鈴木商店を引き継いでいた。

調べてみると、製造業を中心にいくつも会社を興し、買収していったのが鈴木商店だと分かった。金融業が中心の他の財閥と異なり、もの作り大国の礎を築いた財閥なのだ。製糖、樟脳、紡績、鉄鋼、造船と、日本経済の推進力となるメーカーを擁した。ただ、有力な系列銀行を持たず、台湾銀行からの融資に頼りすぎたことが、後の金融恐慌時に命取りとなった。

09年に北九州市の大里を訪れたのは印象深い。製粉や酒精の工場があった地区だ。13年には北九州市門司麦酒煉瓦館を訪ね、館長さんから大里の建築とその歴史について詳しく聞いた。兵庫県相生市には素晴らしい旧社宅街がある。

鈴木商店は私を魅了し続ける。史跡の一つでも訪ねてほしい。近代日本の壮大なロマンに胸を打たれるはずだ。

・・・昨年、小林氏によるウェブサイト「鈴木商店記念館」開設以来、一般の関心も高まりつつあるようで、昨日29日には都内でシンポジウムも開かれたとのこと。富岡製糸場に続く、軍艦島等の世界遺産登録により、近代産業遺産に一段と注目が集まる中、近代日本産業のプロデューサーともいえる鈴木商店を再評価する声も一層高まりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

『大分岐』邦訳、ようやく刊行

ポメランツの『大分岐』の邦訳がやっと出る。原著『The Great Divergence』刊行は2000年だから、もう15年も経ってる。「大分岐」については池田信夫先生がしばしば言及しているだけに、気にはなっていたけど、大著なのですぐ読もうという気も無いし(苦笑)、とりあえず検索して出てきた10年以上前の書評(帝国書院「世界史のしおり」2004年10月号、大阪市立大学・脇村孝平教授の執筆)から以下にメモする。(ここでは書名は『大いなる逸脱』)

ポメランツが提起する主要論点の第一は、市場の発展という基準で比較して、近世(16~18世紀)のヨーロッパとアジアでは、遅くとも18世紀末までその程度にまったく差はなかったという主張である。ここで比較されるのは、どちらも先進地帯のイングランドと中国・江南(長江下流域)という地域である。工業化以前の世界では、アダム=スミスが『諸国民の富』で描いたように、市場の発展による分業の程度が経済発展(生活水準の向上)を可能にする。かかるスミス的な意味での経済発展という点で、両地域に違いはなかったという。

第二の論点は、数世紀にわたるこのような市場主導の経済発展と人口増加の末に、18世紀後半にどちらの地域も、資源(環境)危機に直面したとするものである。すなわち、食糧・繊維原料・燃料・建築資材などの土地から得られる資源に限界が訪れていた。

しかし、かかる隘路に直面して、イングランドと江南ではその後の軌道が大きく異なることになる。ポメランツの第三の論点は、この点に関わっている。
ヨーロッパは、18世紀後半以降、次の二つの要因によって資源危機から脱出し、「逸脱」したという。第一は、石炭の存在とその利用である。イングランドには石炭が豊富に存在した。これが、「エネルギー革命」としての産業革命を可能にした。第二は、「新大陸」(アメリカ大陸)の存在である。ヨーロッパ(イングランド)は、15世紀末以降に獲得した新世界の資源を自由に利用することによって、資源危機を突破しえたということになる。

ポメランツ説の新しさはどこにあるのだろうか。第一は、18世紀後半までは、アジアにおける経済発展は、ヨーロッパと同等もしくは凌駕していたと強く主張した点である。第二は、ヨーロッパに「大いなる逸脱」を可能にさせたのは、内在的に形成された優位性ではなく、「石炭」と「新大陸」という、ヨーロッパにとっては半ば「外在的」で「偶然的」な事情、すなわち比喩的にいえば「タナボタ」的な要因であったと主張した点である。

正統的な世界史解釈に大きな動揺を与えたという意味で、既に本書は古典的位置を獲得しているとさえ思われる。

・・・脇村先生の言ったとおり、グローバル・ヒストリーの「古典」となっている本書。挑戦する価値のある分厚い本としては、ピケティ『21世紀の資本』に勝るとも劣らない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

(続)集団的自衛権の無理矢理

安保法案に反対する論者として先週、日経新聞で柳澤協二氏(元防衛官僚)を知った(今頃ね)んだけど、今度は与党自民党の反対論者である村上誠一郎氏(衆議院議員)を知った(今頃です)。今週の「週刊東洋経済」(5/30号)掲載のインタビュー記事からメモする。

(安保法案は)まず手続きに問題がある。法の番人である内閣法制局は、「集団的自衛権の行使は憲法上認められない」という憲法解釈を守ってきた。しかし、安倍晋三首相に送り込まれた小松一郎長官(当時)が解釈を変更し、集団的自衛権の行使を可能とした。

これは従来の専守防衛から180度の大転換であり、本来は先に憲法改正を行ってから、法案を提出すべきだ。それを、内閣の一部局の解釈変更で法案審議が始められるなら、憲法は有名無実化する。

安保法案が与党の賛成多数で可決されても、その後は違憲訴訟が多発するだろう。最終判断は司法に委ねられる。法曹界では安保法案は違憲という考えが圧倒的に多い。

自衛隊の定員は現在約25万人で、常時2万~3万人不足している。死傷リスクが高まれば志望者が減る可能性が高い。もし今後、隊員不足が深刻化したらどうするか。法案を成立させようとするなら、政治家は成立後に起こりうる、あらゆるケースを想定しなければならない。今は成立だけ急ごうとしている。

安全保障と防衛とは同義ではない。安全保障でなすべきは敵を極力減らすことである。世論では、中国や韓国にやられっぱなしでいいのか、との声が強まっている。しかし、政治家まで、感情に走ってしまってはダメ。

・・・自民党の中でただ一人、村上氏は安保法案に反対を表明しているということで、今の日本にこういう気骨のある政治家がいるのだと激しく感心する。柳澤氏と村上氏のお二人の意見に同意しよう。集団的自衛権の行使はそもそも憲法上不可能であると。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

集団的自衛権の無理矢理

集団的自衛権、よくわからないし、あんまり関心もない・・・という僕の気分は、国民の大多数と同じなんだろう、たぶん。なので、この問題について誰が何を言ってるのかも知らないでいたから、日経新聞で柳沢協二氏の記事を見た時には驚いた。集団的自衛権行使を批判する柳沢氏の経歴は何と元防衛官僚。そういう人が反対するのだから、やはりこれはアカンのではないかと、論説よりもまずその経歴にガツンとやられた感じ。昨日21日付日経新聞記事(安保法案 識者に聞く)から柳沢氏の言葉をメモする。

「(集団的自衛権の行使は)必要はない。本当に日本の存立が脅かされる事態は個別的自衛権の世界だ。集団的自衛権を行使しないというのが、戦後70年間、日本が戦争を経験してこなかった大きな要因だ。それを変えるという意味で非常に大きな転機になる。『専守防衛』が完全に変質している」

「米軍の軍事力が減るから埋め合わせようというのは、日本の国力や国情に合わない政策だ。例えば米艦の防護。南シナ海で米艦を守れば、その分日本の防衛が手薄になる。日本の抑止力が高まるかは大いに疑問だ」

「日本を守るならほかの選択肢はいくらでもある。安倍政権のようなやり方で対米協力をグローバルに広げていこうというのは間違いだ」

・・・まずは自国の軍事能力を正確に把握し、あくまで外交の中に軍事を位置づけて考える。それがリアリズムだろうし、当たり前のことだろうと。「積極的平和主義」とか意味不明の言葉、「戦争のできる国にするな」とか情緒的な物言いで、安全保障を語るのはマヌケとしか言いようがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

「オンカロ」年内着工へ

「オンカロ」と呼ばれるフィンランドの「核のごみ」処分場が年内にも着工、2022年にも完成する見通しとのこと。本日付日経新聞国際面の記事からメモする。

原子力発電所で発生する「核のごみ」の世界初の処分場の建設が、2015年にもフィンランドで始まる。原発から出る使用済み核燃料を、地下約450メートルに10万年にわたり閉じ込める。日本では長らく処分場が決まらず、政府が処分方針を近く閣議決定する段階だが、先進地の北欧では22年にも処分場が完成する見通しとなった。

処分場を建設するのは、TVOなどフィンランドの電力会社が出資するポシバ。同国政府は今夏にも、南西部オルキルオトに造る地下施設「オンカロ処分場」の建設許可を出す見込みだ。

放射能が生物にとって安全なレベルに下がるまで10万年かかる。
22年に最終処分を始め、100年後に施設が満杯になった段階で完全に封鎖する予定だ。容量は最大9000トンで、稼働中の原発4基と建設・計画中の2基を50~60年運転した場合に発生する核のごみの量に当たる。

(フィンランドの)初の原発稼働が1970年代後半。ほぼ同時に最終処分場の議論が始まった。94年に自国で発生する核のごみは自国で処分するとの法律を制定。オルキルオト原発のあるエウラヨキ市が01年に受け入れを表明し、議会が承認して決まった。

多くの国では地元住民との調整が難航し、処分場の選定は進まない。具体的な地名が挙がるのはフィンランドのほか、スウェーデンとフランスの3ヵ国だけだ。

・・・オンカロのドキュメンタリー映画「100,000年後の安全」が日本で公開されたのは4年前。自分も映画を観た(過去記事)わけだが、とにかく最善と考えられる方法で責任を持って核のごみを処理することを決めたフィンランドは立派だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

祝・松江城国宝

松江城が国宝に指定されることになった(5月15日、文化審議会が文部科学大臣に答申)。16日付日経新聞社会面の記事からメモ。

出雲・隠岐の領主だった堀尾吉晴が1607年に建設を始め、11年に完成した松江城は、山陰で唯一天守が現存する平山城で、実戦を想定した造りと優美な姿が特徴だ。
天守最上階の5階は四方を展望できる望楼。千鳥が羽を広げたように見える三角屋根の破風があり、「千鳥城」とも呼ばれる。

戦前は国宝だったが、1950年の文化財保護法の施行時には重要文化財とされた。当時、修復工事中だったことなどが影響したとみられる。

全国で天守が現存するのは12城。このうち国宝は姫路城、松本城、犬山城、彦根城で、ほかは重要文化財となっている。
国からの補助金は、国宝と重要文化財と同じだが、地元は観光資源としての価値の高まりを期待する。

・・・自分が現存12天守巡りをしたのは2009年。もう6年も前になるのだな。その時、松江城も訪ねた(過去記事)わけだが、こんな立派な城がなんで国宝でないのかと思ったりしたので、今回の国宝指定、喜ばしいことだなあと思う。

これで国宝は5城。どうせなら現存天守は12城全部国宝にしちゃったら?と感じつつも、しかし弘前城と丸亀城は実は櫓を「天守」と称しているのが難点かもなぁと思い直したり。それに櫓だったら、何より熊本城宇土櫓が国宝になるといいなあと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

ジョブソンのレインボー体験

先日、UKとしてのファイナル・ツアーを日本で締めくくったエディ・ジョブソン。なぜかヘヴィメタル専門誌「BURRN!」の6月号にインタビュー(昨年日本で行ったもの)記事があるのでメモする。UK結成以前にレインボー加入の話があったそうな。意外。

1975~1976年頃だったかな、コージー・パウエルやロニー・ディオがいた頃に、リッチー・ブラックモア以外のメンバー全員が僕をバンドのキーボーディストに迎えたいと思ったんだよ。僕は最初、誘いを断った。僕のタイプの音楽じゃなかったからね。でも、彼らはしつこかった。

そして、経費は先方持ちでロサンゼルスに僕を呼んで、ホテルのスイートに1週間滞在させてくれた。19~20歳の僕にとって、タダでLAに行けるのは魅力だった。(笑)

「今日リッチーが来るんで、リハーサル・ルームに来てくれ」と言われたんで、僕はそこに行った。キーボードはセッティングされていたけど、リッチーは来ていなかったんで、彼抜きでみんなで2時間ほどジャムった。そしてようやくリッチーが登場した。みんなで、どれくらいやったかな・・・20~25分くらいだったかな。リッチーはギターをしまって、一言もしゃべらずにそのまま出て行ってしまった。(笑)

さよならすらも言わなかった。というわけで、そこで終わったんだ。当然ながら、彼は僕が相応しいとは思わなかったわけだよ。僕としては正直ホッとしたね。既に何度も断っていたんだから。コージー・パウエル、ロニー・ディオ、そしてジミー・ベインは、リッチーが反応しなかったことに対して腹を立てていたけど。

・・・ああ、リッチーらしいな、という感じ。インタビューにはこのほか、UKは元々キングクリムゾンの延長線上のバンドで、当初はロバート・フリップも含めて、キングクリムゾンの「再結成」(バンド名は別名義を用意)にジョブソンが加わる形で活動しようとしていたが、フリップが抜けたため、アラン・ホールズワースを入れてUKをスタートさせたという、70年代ティーンエイジャーとしては「そうだったのか~」と感じ入る話もある。

70年代後半、ロックコンサートに行き始めたばかりのオイラは、レインボーにディープパープルの、UKにキングクリムゾンの幻影を見ていたんだよな~。(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

「パープルスネイク」現わる

ホワイトスネイクの新作「ザ・パープル・アルバム」は、デイビッド・カバデールのキャリアの出発点となったディープ・パープル(いわゆる第3期と第4期)の楽曲をカバーした作品。アルバム別の選曲数は「紫の炎」6曲、「嵐の使者」5曲、「カム・テイスト・ザ・バンド」2曲の合計13曲(通常盤)。

アレンジとしては、セイルアウェイがほぼアコースティックバージョンでガラッと変わった印象になっている以外は、それ程驚くようなものはない。セイルアウェイも、ライナーノーツには(営業的な書き方をするものとはいえ)「本作のハイライトの一つ」として肯定的に評価されているが、個人的にはやっぱりオリジナルの、粘っこいギターリフと歌い上げるボーカルの方が好みだな。オルガン抜きのテイクユアライフにも物足りなさを感じるし、そんなこんなでリッチー・ブラックモアやジョン・ロードはやっぱり凄いと改めて思ったり。

大体、キーが下げられていること以上に、カバデールの声そのものが質・量ともに変わってしまっているわけで、昔のような太い厚みのある声で記憶している楽曲を現在の声で歌われると、単純に何だか迫力不足の感じなのであった。

この作品は、ジョン・ロードの死をきっかけに、カバデールがリッチーと連絡を取り合うようになった結果、生まれたものだという。当初はカバデールとリッチーが一緒に何かやるという方向の話だったものが結局は流れてしまい、その代わりのような形でカバデールはこの作品に取り組んだというわけだ。

カバデールは自ら解説している。本当のところ、オリジナルと競い、比べるつもりは全く無かった・・・我々はただもうプレイしたかっただけなんだ、これらのヤバい曲をね!と。

このカバー・アルバム、出来としてはオリジナルに対して、いささか分が悪い印象はある。というかカバデール、やっぱり若い頃に比べたらちょっとね、という感じにもなる・・・けれど、カバデールが40年前の自身の原点に立ち返る作品を作り上げた、その思いを70年代ティーンエイジャーである自分も了解しつつ共有したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

UK、再結成活動終了

昨日4月30日、UKのラストコンサート(中野サンプラザ)に出かけた。再結成から4年、今回の来日でバンド活動を終了するとのこと。

自分は2011年のライブと2012年のライブ(いずれも川崎クラブチッタ)を見た。今回の公演情報も何となくネットを眺めていて見つけたのだが、まあ知ってしまったら見ておきますか、という感じでチケットを入手した。

Photo
当日、開場時間である夕方6時に行くと、既にサンプラザの建物の外にまで入場する人の長い列。いちおう平日なんだけど、背広姿の人は思ったより少ない感じなのは、連休の谷間に休みを取って来る人もいるんだろうな(自分のように)と推測。サンプラザは1979年UKの初来日公演が行われた場所だが、この建物もいずれ取り壊されるという話を聞いている。

UKの初来日ライブは自分も見た。36年も前なのかと自分でもアキれるが、行ったのはサンプラザじゃなくて日本青年館。隣接する国立競技場の建て替えに伴い、青年館も移転されるとのこと。時の流れを感じます。

入場してみると、サンプラザってこんな大きい所だったっけ?とか思った。自分が来たのは20年ぶりくらいか?記憶が定かでないほど昔(苦笑)。再結成UKの過去のライブ会場だったクラブチッタに比べると、さすがに大きいよなあと感じた。(音響も良かった)

開演予定の7時を20分程過ぎてスタート。そして2時間のライブが終わると共に、UKが存在していた4年間という時間も夢の記憶となった。

今回はトリオではなく4人編成だったので、キングクリムゾンの曲もひとつふたつやってもらいたかった気もするけど、まあいいか。しかしUK、できれば一枚アルバムを作って欲しかったな。エイジアは新作を出してるのになあ、ウェットンさん、どうなのよ。新作がないと、再結成というよりは結局、ジョブソンのUKプロジェクトという感じだったかなあと。いや、それでもUKの再結成、充分有り難い、有り難すぎることでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »