« 「ライシテ」の迷走 | トップページ | UK、再結成活動終了 »

2015年4月27日 (月)

アイスコーヒーはクールだ

演出家・鴻上尚史の新刊『クール・ジャパン!?』(講談社現代新書)は、自身が司会を務めるNHK・BS番組「cool japan」の中で、外国人に聞いた日本のクールなものあれこれについてまとめた本。その冒頭に置かれたのは「アイスコーヒーはクールだ」という話。以下にメモ。

「どうして『アイスコーヒー』がクールなの?」と素朴に訊くと、イタリア人が「私の国にはなくて、日本に来て初めて飲んで感動したから」と答えました。番組に出ていた他のヨーロッパ人やブラジル人、ロシア人がうなづきました。
彼ら彼女は口々に「日本に来て、夏、暑い時にアイスコーヒーを飲んで本当に美味しかった。自分の国ではどんなに暑くても、コーヒーはホットしかない」と言いました。
僕は本当に驚きました。
調べてみれば、「アイスコーヒー」は、どうも日本発のもののようでした。
ヨーロッパやブラジルの人たちがアイスコーヒーを発想しなかったのは、「コーヒーは香りを楽しむものだ」という絶対のルールがあるからです。冷たくしてしまうと、香りを楽しめなくなると思っているのです。
とにかく、日本人は熱いコーヒーに氷を入れて、アイスコーヒーを作った。それがやがて、アジアに広がり、そして世界的にも知られ始めている、というのが現状です。
「アイスコーヒー」は、日本人の知らないところで、「クール・ジャパン」なのです。

・・・この話を読んで、鴻上氏同様、僕も本当に驚いた。この本の中には他にも、日本人には当たり前のものが外国人にとってはクール、という事例が多々挙げられていて、いろいろと「発見」がある。ちなみに、外国人100人に聞いたアンケート結果による「クール・ジャパン」ベスト20は、ウォシュレット、お花見、100円ショップ、花火、食品サンプル、おにぎり、カプセルホテル、盆踊り、紅葉狩り、新幹線、居酒屋、富士登山、大阪人の気質、スーパー銭湯、自動販売機、立体駐車場、ICカード乗車券、ニッカポッカ、神前挙式、マンガ喫茶、とのことです。

|

« 「ライシテ」の迷走 | トップページ | UK、再結成活動終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/59784163

この記事へのトラックバック一覧です: アイスコーヒーはクールだ:

« 「ライシテ」の迷走 | トップページ | UK、再結成活動終了 »