« ふしぎなイスラム教 | トップページ | 三春滝桜 »

2015年4月12日 (日)

川瀬巴水展(駿府博物館)

知ってる人には「今さら」だろうけど、川瀬巴水(かわせはすい、1883-1957)の版画作品が人気らしい。この芸術家の名前を自分が知ったのはホントにごく最近のこと。先月3月初めの日曜日の午後、だらだらとテレビを眺めていて、「なんでも鑑定団」(再放送)の中で巴水が取り上げられていたのを見た。その作品はイラストみたいな版画という感じで、何とも印象的。実物を見たいと思ったが、日本橋・高島屋の展覧会(1月)はとっくに終わっていた。残念に感じていたら、その展覧会が4月4日から静岡で開催との情報を得て、とにかく行こうと決めた。この「生誕130年」回顧展は2013年11月から千葉~大阪~横浜~山口~川越~京都~東京と全国を巡回していたもので、静岡展は追加開催のようだ。何にせよラッキーという感じで昨日の土曜日、静岡に向かった。

Photo展覧会場である駿府博物館は、静岡駅からバスで10分位、静岡新聞社の近くにある。行ってみると、こじんまりした古いビルの中に入っていて、「え、ここ?」みたいな感じだった。自分が入館したのはお昼頃だったが、来場者は少ない。東京展は人様のブログで見ると凄い混雑だったようなので、ゆっくり見れるのは良いことだと思う。

巴水は全国を旅して、各地の風景を次々に作品化していったのだが、個人的には東京の風景の作品をもっと数多く残して欲しかったなという感じがした。

静岡展は6月7日まで開催。前期(4/4~5/6)と後期(5/9~6/7)で展示替えあり。

近々日本橋丸善のギャラリーでも川瀬巴水の展示会がある(4/15~4/21)ので、会社帰りにちょいと覗いていこうと思う。

|

« ふしぎなイスラム教 | トップページ | 三春滝桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/59613761

この記事へのトラックバック一覧です: 川瀬巴水展(駿府博物館):

« ふしぎなイスラム教 | トップページ | 三春滝桜 »