« ALS患者に教えられること | トップページ | ドイツ思想の「低迷」 »

2014年12月22日 (月)

格差是正は税制改正で

今月、『21世紀の資本』の邦訳が出た。今年の経済書では最大の話題となった本である。著者はフランスの経済学者トマ・ピケティ氏。本日付日経新聞の「展望2015」と題されたインタビュー記事からメモする。

「過去200年の成長と富の歴史を見ると、資本の収益は一国の成長率を上回る。労働収入より資産からの収入が伸びる状況だ。数年なら許容できるが、数十年続くと格差の拡大が社会基盤を揺るがす」

「日本に顕著だが〈成長力の落ちた先進国では)若者の賃金の伸びが低い。第2次大戦後のベビーブーム世代と比べ資産を蓄積するのが非常に難しい。こうした歴史的状況において、中間層の労働収入への課税を少し減らし、高所得者に対する資産課税を拡大するのは合理的な考えだと思う。左翼か右翼かという問題ではなく、歴史の進展に対応した税制のあり方の問題だ」

「グローバル化そのものはいいことだ。経済が開放され、一段の成長をもたらした。格差拡大を放置する最大のリスクは、多くの人々がグローバル化が自身のためにならないと感じ、極端な国家主義(ナショナリズム)に向かってしまうことだ」

・・・グローバル化と格差拡大について、経済学者の分析と解決に向けた提案がこれからも途切れることなく出てきてくれるように願う。

さて『21世紀の資本』、700ページ超、ほぼ6,000円の「専門書」を買って読む人はどれくらいいるのだろう。とりあえず一般サラリーマンは、r>gの式、資本収益率は経済成長率より大きい、ってことを覚えときゃいいかな。まあ証券会社のサラリーマンとしては、投資は金持ちがさらに金持ちになる手段、というのは実感するところですが。(苦笑)

|

« ALS患者に教えられること | トップページ | ドイツ思想の「低迷」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/58346688

この記事へのトラックバック一覧です: 格差是正は税制改正で:

« ALS患者に教えられること | トップページ | ドイツ思想の「低迷」 »