« 基地と国家主権 | トップページ | 「新しい世界史」を目指して »

2014年11月30日 (日)

デ・キリコの謎

先週、パナソニック汐留ミュージアムで開催中の「ジョルジョ・デ・キリコ展」に行き、今日の夜もデ・キリコをテーマとしたNHK「日曜美術館」(再放送)を見た。

デ・キリコ絡みの文章では、澁澤龍彦の「ニーチェ雑感」(1976年の「現代思想」臨時増刊・総特集ニーチェに所収)が、自分には印象深い。以下に一部をメモする。

ニーチェのイタリア体験ということを考えるたびに、私がほとんど反射的に思い出すのは、あの形而上学的絵画の創始者たるジョルジオ・デ・キリコの名前である。 

「ニーチェが発見したのは、気分(ドイツ語のシュティンムンク)に基づいた不思議な深遠な詩情、神秘的で無限な孤独であった」とキリコは書いている、「それは空が澄みわたり、太陽が低く沈みかけるので、影が夏におけるよりも長くなる、秋の午後の気分に基づいている」と。 

これは画家であるキリコのニーチェ観であると同時に、そっくりそのまま、自作の絵の雰囲気をみずから説明したものでもあるだろう。 

あの胸苦しいような不安と混り合った、奇妙に甘美なキリコ的世界の情緒は、いわば画家の青年時代のニーチェ体験と重なり合って形成されたのだった。 

実際、キリコの絵を眺めていると、私は、発狂の前の多幸症のニーチェが眺めたトリノ風景も、こんなふうな澄み切った憂愁につつまれた、幾何学的な明るさのものではなかったろうかと思いなされてくるほどなのである。 

ちなみに、キリコは決して発狂したわけではないが、彼が二十歳代のころに確立した巨匠としての名声を保ちながら、その後の五十年間、倨傲な孤独のうちに閉じこもって、美術史の上では死んだも同然の存在となっていることを考え合わせると、やはり何か、そこにニーチェと一脈通じる運命を見ずにはいられない。キリコもまた、若いうちに一種の多幸症を経験して、急速に没落したのだろうか。

・・・ヨーロッパを戦火が覆った1910年代。その時、デ・キリコは20歳代。極度に研ぎ澄まされた、いわば発狂寸前の精神状態の中から形而上絵画を生み出した画家は、その後古典絵画の中に安住の地を見出した。これはニーチェの生きた道、すなわち古典文献学者から出発し、やがて哲学の歴史を全否定する思考の果てに発狂した人生を、逆に辿ったようなものだと言えるかも知れない。

若きデ・キリコの形而上絵画。それは美術史上の奇跡と見ていいんだろう。しかし日本の展覧会に来る絵は大部分、古典絵画と新・形而上絵画なので、本当の形而上絵画を見たいと思ったら、やはりニューヨーク近代美術館に行かなきゃならんのだよなあ。

|

« 基地と国家主権 | トップページ | 「新しい世界史」を目指して »

コメント

こんにちは。
私も汐留ミュージアムで「ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰」をみてきましたので、キリコに対する興味深いご説明とご意見を読ませていただきました。
全盛期のデ・キリコの作品は、形而上絵画と称して観る人を現実から遊離した架空の世界に誘い込み、郷愁、幻想、不安、不条理の世界に誘い込み、不思議な気分を味あわせてくれるように感じました。ニーチェの影響もあるのでしょうね。

私はこれを機会に過去に来日したデ・キリコの傑作と言われる作品を回顧して、ニーチェとの関係も含めて、デ・キリコの形而上絵画について整理してその魅力を考えてみました。読んでいただけると嬉しいです。ブログにご感想などコメントをいただけると感謝致します。

投稿: dezire | 2014年12月28日 (日) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/58147305

この記事へのトラックバック一覧です: デ・キリコの謎:

« 基地と国家主権 | トップページ | 「新しい世界史」を目指して »