« 学徒出陣、そして東京五輪 | トップページ | 『資本論』を読む意義 »

2014年10月25日 (土)

信長像が転換する(かも)

最近、新書で織田信長関連の新刊がよく目に付くな~と思っていたら、本日付日経新聞文化面(信長の強面イメージ修正 伝統重視、将軍・朝廷に配慮)で、まとめて紹介されていたので以下にメモ。

「信長は型破りな人物だとみられがちだが、実は先例を重んじる政治家だった」。こう語るのは東京大学史料編纂所の金子拓准教授。近著「織田信長〈天下人〉の実像」(講談社現代新書)では、天皇・朝廷にも居丈高に振る舞っていたとされる信長像を見直した。 

「信長は人一倍世間の評判を気にしていた」と言うのは、戦国史研究家の谷口克弘氏だ。「信長と将軍義昭」(中公新書)で室町幕府15代将軍足利義昭との関係を詳細にたどり、義昭が信長の傀儡だったという見方を否定する。 

信長が天下統一の野望を抱いていたという通説にも疑問を呈する研究が出ている。東洋大学の神田千里教授は近著「織田信長」(ちくま新書)の中で、「天下」は必ずしも全国を意味するわけではないと述べる。
当時「天下」は京都や将軍など限定された意味で用いられることが多かった。信長の「天下布武」は、将軍義昭による五畿内(山城、大和、摂津、河内、和泉)の平定を意図していたのではないかというのが神田氏の見方。
 

三重大学の藤田達生教授は近著「天下統一」(中公新書)で、最終的には対峙し乗り越えようとした伝統的な権威を、当初は利用して地域統合を進めた点を指摘。信長は初めから改革者だったとの見方を戒める。

・・・明治~戦前は「勤皇家」の先駆け、戦後は「革命児」というのが、信長のイメージということだが、歴史研究にも波があるというか、新たな見方が示されることにより、また信長像が変わっていく可能性があるのかも。まあ一般的な歴史ファンとしては、革新的イメージの信長は大いに魅力的だから、そのままでいいような気もするけどね。(苦笑)

|

« 学徒出陣、そして東京五輪 | トップページ | 『資本論』を読む意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/57781357

この記事へのトラックバック一覧です: 信長像が転換する(かも):

« 学徒出陣、そして東京五輪 | トップページ | 『資本論』を読む意義 »