« リキャップCBという「株価材料」 | トップページ | 民間機撃墜、過去の事例 »

2014年7月25日 (金)

荒川は「ガンジス川」である!?

小生は東京都の東のはじっこ、江戸川区の葛西地区に住んでいる。おそらく今では知る人も多いと思うが、西葛西にはかなりの数のインド人が生活している。日経新聞電子版の本日付記事(なぜ東京・江戸川区にインド人村が誕生?)からメモする。

在日インド人数は全国で22984人(2012年時点)。その3割にあたる7902人(14年時点)が東京都内に住んでいる。
東京23区で最もインド人が多いのが江戸川区。1959人で都内全体の約25%を占める。次いで江東区の1187人。つまり、東京都の東部にある江戸川区と江東区の2区だけで、都内全体の4割を占めている計算になる。
 

もともと首都圏では横浜に住むインド人が多かったそうだ。ところが、状況が大きく変わったのが2000年直前のこと。コンピューターが誤作動する「2000年問題」に対応するため、優秀なIT技術者を多数輩出するインドから人材が来日するようになったのだ。こうして東京で働くインド人が飛躍的に増えることとなった。 

新たに来日したインド人の受け皿となったのが江戸川区だった。06年以降、江戸川区が都内首位だった港区を抜き去り、都内で最もインド人が多い区に浮上した。 

では、なぜインド人が江戸川区に住むようになったのだろうか?
「それは、西葛西にインド人が暮らすために必要な様々な要素がそろっているからですよ」(貿易会社を営むジャグモハン・チャンドラニさん)。
 

まずは交通の便の良さ。
大手町をはじめ日本橋、茅場町などのオフィス街に東京メトロ東西線で直結している。IT技術者にとっては、(金融街に)通勤しやすいのは大変に便利。しかも同じ東西線の九段下駅からインド大使館にも行ける。羽田空港や成田国際空港に行くのも交通の便がよい。
また家賃も都心に比べれば比較的安い。

もう一つ、大きな要因がある。西葛西の西側を流れる「荒川」の存在だ。
「土手から眺めていると、なんだか、故郷コルカタ(カルカッタ)を流れる聖なる川、ガンジスを思い出して、心が落ち着くんです。河口が近いから川幅が広いでしょう。よく似てるんですよ・・・・・・」。チャンドラニさんは遠い目をしながらしみじみとこう話す。

・・・「荒川はガンジス川」とか言われると、のけぞっちゃいます。(笑)

|

« リキャップCBという「株価材料」 | トップページ | 民間機撃墜、過去の事例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/56897445

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川は「ガンジス川」である!?:

« リキャップCBという「株価材料」 | トップページ | 民間機撃墜、過去の事例 »