« 米国経済は長期停滞? | トップページ | 第一次世界大戦の教訓 »

2014年6月24日 (火)

「島耕作」作者の仕事術

「島耕作」シリーズの作者として知られる弘兼憲史。日々「目の前のことを一生懸命やる」ことに集中してきたという、人気漫画家のハードワークをこなす時間管理術とはどのようなものか。本日付日経新聞のインタビュー記事からメモ。

締め切りを落とすのは契約違反、社会人として失格。だから僕はひたすら「締め切りを守るために必死で頑張る」ことを繰り返してきました。
僕は「小さな締め切り」(ページ単位の小刻みの目標時間)を自分で決めるんです。自分で設けた締め切りを守るという(目の前の)目標に集中することで、ゲーム感覚が生まれ、やる気を高めることができる。
 

「つべこべ言わずやってみる」ことも大切です。
まとまった量の仕事を引き受けた時、まず「手を着ける」ことが大切だと思っています。
とにかく始める。手を動かすうちに「残りのページはこうしよう」とアイデアが湧いてくることがあるんです。 

世の中「やってみないと分からない」ことばかりです。
あれこれ考える前にまず一歩踏み出す。失敗もするでしょうが、結果として大きな成功に近づくことができる。うまくいかなかったらすぐにやめればいい。あるいは修正すればいいと思います。
 

実社会でも仕事ができる人には優先順位を判断する「段取り力」があります。次に起こり得ることを常に想定し、計画的に物事を進める。段取り力がうまい人は、気配りも上手。だから自然と周囲に信頼され、結果として出世していくものです。

・・・世の中、やってみないと分からないことだらけ。全く同感。最初にできるできないを考える、あるいはやる気が出るのを待つ、そんなことより、とにかく始める、手を着ける、手を動かす。身体的な動作を先行させれば、気分も次第に追いついてくる。はず。

|

« 米国経済は長期停滞? | トップページ | 第一次世界大戦の教訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/56594402

この記事へのトラックバック一覧です: 「島耕作」作者の仕事術:

« 米国経済は長期停滞? | トップページ | 第一次世界大戦の教訓 »