« 太田牛一とフロイス | トップページ | 原発停止と貿易赤字 »

2014年2月24日 (月)

「成熟債権国」のまぼろし

今週の「日経ヴェリタス」(2/23号)のコラム記事「成熟債権国の危うい幻想」(滝田洋一・編集委員)から以下にメモする。

対外収支が変調をきたしている。2014年1月の貿易収支は2.79兆円と月間で最大の赤字になった。13年の貿易赤字は11.47兆円。年間では最大だったが、14年はそれを塗り替えそうだ。13年の経常収支はからくも3.31兆円の黒字を確保。14年の経常収支はトントンになるかもしれない。

国際収支の発展段階説を持ち出して、日本は「未成熟な債権国」から「成熟した債権国」に移行した、と説明する向きもある。成熟した債権国とは、貿易赤字を所得収支の黒字で埋めて、経常黒字を確保する段階。

今の調子で貿易赤字が増え所得収支の黒字を上回るようになれば、経常収支は赤字となる。そうなると、海外からの資本流入に頼るか、これまでの経常黒字で積み上げてきた海外資産を取り崩さなければ、日本全体の資金繰りがつかなくなる。これが「債権取り崩し国」の段階だ。

エコノミストは「経常赤字は必ず資本流入で埋め合わされる」というのを好む。問題は摩擦なしに埋め合わせが可能かどうかである。「米国は長いこと経常赤字でも支障をきたさない」などと、米国の例を持ち出すのは見当違いだろう。ドルと違って円は基軸通貨ではないからだ。

しかも日本は財政収支の大幅な赤字が続いている。高齢化が進むなか、放っておけば財政赤字は拡大の方向をたどる。経常収支が黒字であるうちは国内のおカネで財政赤字の穴埋めが可能だが、経常赤字となると海外の資金に頼らざるを得なくなる。いきおい、財政赤字のコストである国債の利回りには上昇圧力がかかる。

財政の立て直しには、何といっても経済成長率を高め税収を増やすほかない。経常収支の赤字転落を防ぐには、輸出を増やし輸入を抑えるほかない。(生産拠点の海外移転が進むなか)いずれも予想外にきつい課題である。

・・・として、「債権取り崩し国の段階はすぐそこまで来ている」と警告している。

もし経常収支の赤字基調が定着した場合の一番の懸念は、これまで繰り返し語られてきた「国債暴落」が現実味を強く帯びることだろう。

|

« 太田牛一とフロイス | トップページ | 原発停止と貿易赤字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/55116273

この記事へのトラックバック一覧です: 「成熟債権国」のまぼろし:

« 太田牛一とフロイス | トップページ | 原発停止と貿易赤字 »