« ゼロ金利が示す資本の過剰 | トップページ | 父親の死というもの »

2013年11月 4日 (月)

「一発屋」という「自意識」

11月3日夜、お笑い芸人ヒロシのライブを観た(新宿シアターモリエール)。何でも単独ライブは8年ぶりとか。タイトルが「泥水」というのも、自虐ネタで一世を風靡したヒロシらしい。内容は若手芸人数人を従えたコント、独り芝居のコント、ヒロシの生い立ちからホスト時代~芸人時代の映像、ヒロシの家族(両親、弟)のコメント紹介等々で構成された、およそ一時間半のステージ。もちろん「ヒロシです」も最後にキメた。

今回のライブでは「一発屋」という言葉を核にネタが作られていた感じだが、ヒロシに「一発屋」という「自意識」は持ってもらいたくない気がする。これも、単に業界的に「一発屋」というレッテルを貼られて、それを自虐ネタよろしく受け入れているだけなのかも知れないが。

「一発屋」という言葉から自分が思い浮かべるのは、例えば「ゲッツ!」「フォ~!」「グー!」「間違いない」「そんなのカンケーねぇ」「ワイルドだろぉ」等々、いわゆる「一発ギャグ」的フレーズで売れた芸人たちのイメージ。

それに比べると「ヒロシです」は、一つの芸として成立しているよな、と思う。

「ヒロシです。鶴は千年、亀は万年、ヒロシは2年」(笑)

「ヒロシです」のスタイルはシンプルかつ完成されていて、しかもヒロシ的感性抜きには成立しない芸だろうから、これはこのままヒロシの看板芸として、ず~っとやり続けていけばいいのだと思われる。

|

« ゼロ金利が示す資本の過剰 | トップページ | 父親の死というもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/53827899

この記事へのトラックバック一覧です: 「一発屋」という「自意識」:

« ゼロ金利が示す資本の過剰 | トップページ | 父親の死というもの »