« ティラノサウルス像の「進化」 | トップページ | 「ローマ帝国」とドイツ »

2013年7月30日 (火)

「国会至上主義」の絶望的状況

先の参院選の結果、衆参のねじれは解消された。しかし野中尚人・学習院大学教授は、国会の仕組みにはなお深刻な問題が残されていると指摘する。本日付日経新聞「経済教室」(国会至上主義、政府を阻害)からメモする。

欧州の主要国と比較した場合、日本の国会はいわば「3周遅れ」の状態にある。1周目は二院間の関係の未整備。参議院が「熟慮の府」というのは全くの誤認で、政府・衆議院多数派の意思決定や行動をストップさせる権能を持っていることについて、制度としての根本的な再検討が不可欠である。 

2周目の問題は、国会と政府との関係が極端なアンバランスになっていることだ。日本では、国権の最高機関たる国会の自律性は何者にも侵されるべきではないとされている。戦前の反動といってよい。しかしその結果、国会の内部における政府の地位や権限は、極端なまでに排除されているのである。
議院内閣制においては、主要な法案の大多数は内閣が提出し、議会内部のプロセスで与党との一定の調整・修正を行いながら立法を進めるのが普通である。そしてその過程(欧州主要国の場合)では、政府がはっきりと主導権を握る形となっている。
ところが日本では、政府には何の権限もなく、従って何もコントロールできない。(そのため国対政治が不可欠となる)
 

3周目の問題は、国会内部の形骸化であり、合理化や多機能化といった取り組みが極端に遅れていることである。
日本の国会は、依然として会期不継続の原則(審議未了の議案は原則として廃案になる)
と審議拒否戦術を背景とした、日程闘争の国対政治に明け暮れている。そして、審議の形骸化と討論の希薄化がますます進んでいる。

・・・野中先生は、この「まともに機能しない形骸化した国会が、政府の正常な作動を阻害し、政治行動を麻痺させかねない」構図を、「ゆがんだ国会至上主義」と呼んでいる。まさに日本の国会は絶望的な状況としか言いようがない。

|

« ティラノサウルス像の「進化」 | トップページ | 「ローマ帝国」とドイツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/52672884

この記事へのトラックバック一覧です: 「国会至上主義」の絶望的状況:

« ティラノサウルス像の「進化」 | トップページ | 「ローマ帝国」とドイツ »