« リンカーンの「闘い」 | トップページ | ドイツ(東部~北部)のお城 »

2013年5月 4日 (土)

ヴァルトブルク城に行く

4月25日、ドイツにあるヴァルトブルク城を訪ねた。

Photo_4

どんなところか。以下はNHK「世界遺産」のサイトにある解説から。

ヴァルトブルク城は、ドイツ中央部の古都アイゼナハにある。ドイツの精神史、文化史上の重要な舞台となり、ドイツ人の心のふるさとだといわれている。

ワーグナーは、城内の歌合戦の間を舞台に、歌劇『タンホイザー』を書き上げた。城の美しさに感動した文豪ゲーテは、ワイマール公国の宰相になってから城の修復を命じている。聖エリザベートは、ドイツ人が最も敬愛する聖人の一人。この城に連れてこられて王妃となるが、華美な生活を好まず、恵まれない人々のためにその身をささげた生涯は、慈愛の見本とされた。

16世紀初頭のヨーロッパでは、教会が免罪符を販売。これを買えば罪を免れると言われ、市民はこぞって買い求めた。この動きに激怒したのがマルティン・ルター。1517年10月31日、教会への質問状を出して、救いが金で買えることは間違っている、と訴えた。ローマ教皇に破門されたルターは、ヴァルトブルク城にかくまわれる。城の一室で、ルターは新約聖書のドイツ語訳に取りかかる。聖職者や貴族にしか分からなかった聖書の言葉を、誰にでも分かりやすい言葉に翻訳し、宗教を民衆のものにした。

・・・で、下の写真がその、ルターが10ヵ月間カンヅメになって聖書を翻訳した部屋。この場所で、その後の歴史を変える作業が行われたのだなあ。

Photo_5

上記の人物中、聖エリザベートは13世紀の人。その夫のテューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世は1227年、あの皇帝フリードリヒ2世の十字軍に参加。その遠征途上、27年間の生涯を閉じる。エリザベートもその4年後、24歳で死去。

もうひとつ付け加えると、あのバイエルン王ルートヴィヒ2世は、この城の祝宴の間(下の写真)を模倣した部屋を、自分のノイシュヴァンシュタイン城内部に造った、とのこと。

Photo_6

ドイツの歴史の要所要所に関わるヴァルトブルク城。まあとにかく自分にとっては、ヴァルトブルク城といえばルターだな。

|

« リンカーンの「闘い」 | トップページ | ドイツ(東部~北部)のお城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/51474360

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァルトブルク城に行く:

« リンカーンの「闘い」 | トップページ | ドイツ(東部~北部)のお城 »