« 竹田城の訪問、有料に | トップページ | 哲学研究の実り豊かな頃 »

2013年4月13日 (土)

村上春樹の小説が語るもの

本日付日経新聞コラム「春秋」の話題は村上春樹の新作小説。以下にメモする。

飛ぶように売れる、とはこういう光景を指すのだろう。きのう発売された村上春樹さんの新作小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の話だ。書店では作品を手に客がそわそわレジ前に列を作り、開店前に店員が積み上げた本の山は刻々と低くなっていく。
発行部数はすでに50万部を超すことが決定済みだ。ここまでの人気の理由は何なのか。

自分が小説で語ろうとすることは何か。村上さんはある随筆でこんなふうに説明する。「人間は生涯に何かひとつ大事なものを探し求めるが、見つけられる人は少ない。もし見つかったとしても致命的に損なわれている。にもかかわらず我々は探し続けなくてはならない。そうしなければ、生きている意味がなくなるから」

(新作の)主人公は「大事なもの」を守るため、つらい過去の真相を知る旅に出る。勇気を得る読者もいるだろう。

・・・大事なものを探すのが生きる意味。だとしても、作家の見方に従えば、我々の大部分は「失望」する定めにある、ってことか。自分について言えば、大事なものを探そうにも、そもそも何が大事なものか見当もついていないのだった。やれやれ。

|

« 竹田城の訪問、有料に | トップページ | 哲学研究の実り豊かな頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/51211936

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹の小説が語るもの:

« 竹田城の訪問、有料に | トップページ | 哲学研究の実り豊かな頃 »