« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月21日 (日)

リンカーンの「闘い」

映画「リンカーン」のプログラム掲載「リンカーンの光と影~奴隷制度完全撤廃までの道程」(土田宏・城西国際大学教授)からメモする。

元来、リンカーンは存在している奴隷制度は保持するしかないと考えていた。奴隷制度を持たない北部の人々が南部の奴隷制度を批判すれば、必ず大きな対立となり、それは究極的にアメリカ合衆国の分裂につながると信じていた。

皮肉なことに、そんなリンカーンの大統領当選直後にサウス・カロライナ州が合衆国から脱退し、これに続いた6州と共に、新しい憲法を持つ「南部連合」を組織。1861年4月12日、ついに戦争に突入してしまった。

戦争を出来るだけ早く終え、戦死者を増やさないようにしたい一心で、リンカーンは南部に対してある提案をした。1862年9月22日のことだ。その内容は100日後の「1863年1月1日に合衆国と戦っている州や地域の奴隷をすべて開放する」だった。つまり、奴隷制度を維持したかったら、翌年の元旦までに戦いを止めろ、というのだ。

だが、南部は拒否した。そのために、リンカーンは指定した元旦に「奴隷解放宣言」を出さなければならなかった。

歴史に残る解放宣言が、実は一部地域の奴隷のみの開放にすぎなかった。また同時に、この戦争終結を目的とした「軍事措置」(としての宣言)は終戦後には効力を失うという問題があった。それは解放された黒人をまた奴隷に戻すという、非人道的な政策を意味する。終戦後には、解放された黒人たちの自由を確保したまま、同時に解放宣言の適用範囲外の北部諸州の奴隷を解放しなければならなかった。こうした問題を解決するには、奴隷制度を暗黙のうちに認めていた合衆国憲法を変えるしかない。

リンカーンは1863年秋、ちょうどゲティスバーグの演説をする頃、戦争の勝利を確信するとこの作業に取りかかった。戦争が終わる前に、憲法改正の手続きを終えるためだった。上院は1864年4月に憲法修正13条案を可決した。合衆国内のすべての奴隷を解放するという条項だ。しかし、下院では必要な3分の2以上の賛成を得ることができなかった。

1864年の大統領選挙で再選されたリンカーンは、いよいよ終戦が近づく状況のなかで、下院での可決を目指して必死の努力を続けた。この時の様子を忠実に描いたのが、このスピルバーグ監督の映画だ。

・・・この映画で、法案成立のため与党の票を固め野党の票も集める説得工作の展開を見ると、しょーもない感想ですが、「民主主義はめんどくさい」と改めて思いました。

個別の説得工作を担うのは大物議員やロビイストの役割。なので、大統領は「票を集めてこい!」と言うだけの立場。妻や息子との葛藤にも心を煩わされたりと、ヒーロー感は薄い。その辺が作品全体の評価にポジティブに働くのかネガティブに働くのか、ビミョーな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

カミュとニーチェ

今年生誕100年のフランスの作家アルベール・カミュが、ニーチェの影響を深く受けていたのは、知る人ぞ知るところ。ちくま学芸文庫の新刊『ニーチェを知る事典』(渡邊二郎・西尾幹二編、1980年有斐閣発行『ニーチェ物語』の復刊)から以下にメモする。(「カミュ 不条理の思想とニーチェ」、白井浩司先生執筆)

(カミュが20歳になる頃の)1932年から33年にかけて彼を教えたラテン語の教授ポール・マチゥは、ある手紙のなかでこう記している。「あのころのカミュにとってニーチェは、掟であり予言者だった。カミュは、なにごとにつけても、たとえその場にそぐわなくても、たえずニーチェをひきあいにだした」と。

カミュの死後に刊行された覚書の『カルネ』全二巻を見ると、ニーチェを始終読み返していることが判明する。

1938年頃から書きはじめられ、41年2月に擱筆した、哲学的評論『シーシュポスの神話』には、当然、ニーチェの思想との照応が数多く見出せるし、最初の頁からニーチェの名が挙げられている。

1951年に刊行された『反抗的人間』は、進歩派やマルクス主義者から集中的に批判を浴び、いわゆるサルトル=カミュ論争をひき起こした。第二章の「絶対的肯定」のなかに収められた「ニーチェとニヒリズム」は、『権力への意志』の注釈と言えるが、ニーチェについての最も長い言説となっている。カミュは、ニーチェの思想が20世紀の全体主義の支柱となったことを遺憾としているけれども、ニーチェに対する賞賛の気持を棄てることはなかった。死の前年のインタビューでもニーチェへの共感を語っている。ニーチェは、カミュの最深部においてたえず関心を呼び起す存在だった。

・・・この文章はほかに、小説『異邦人』や戯曲『カリグラ』などにも言及されていて、カミュに対するニーチェの影響について実に簡潔に分かりやすく述べられている。(という印象は、30年前に読んだ時と変わらない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

哲学研究の実り豊かな頃

ちくま学芸文庫の新刊『ニーチェを知る事典』(渡邊二郎・西尾幹二編)は、『ニーチェ物語』(有斐閣、1980)の復刊本。そういえば、一昨年の秋にも、ちくま学芸文庫は『西洋哲学小事典』(生松敬三・木田元・伊東俊太郎・岩田靖夫編)を出しているのだが、こちらは『西洋哲学史の基礎知識』(有斐閣、1977)の復刊本なのだった。

いま、30年以上も前の本が復刊された経緯は知る由もないが、二冊とも内容は非常に充実していると言える。両事典の執筆者を眺めてみると、当時研究者として脂ののった方々が集結しているという感じで、今から思うと、あの頃は人文科学研究が一つのピークに達していたとも思える。多数の注目研究者を巻き込んで、三浦雅士編集長の雑誌「現代思想」は刺激的な展開を見せていたし、そこからあのニューアカデミズム、ポストモダン現代思想ブームもやってきたわけだから。

しかし80年代は遠くなりにけり。人文科学の凋落は甚だしい。実用的な知識や情報の優先度が高まって、昨今は一般教養の地位は暴落している感がある。(最近、リベラル・アーツとか言って、復権の動きもあるみたいだが)

まあそんな世の中的風潮とは係わらず、かつての哲学研究の実り多い時代の成果ともいえる本が復刊されているのは、個人的にはポジティブな感慨を持つ。時代的制約が多少あるとしても、30年前の研究が今も有効であると見なされるのは、それらの研究が本質的に高い水準を保っていることの証でもあるだろうから。

例えて言えば、昔のハードロックやプログレッシブロックが魅力ある音楽として、今でも充分聴けるようなもんだ。(違う?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

村上春樹の小説が語るもの

本日付日経新聞コラム「春秋」の話題は村上春樹の新作小説。以下にメモする。

飛ぶように売れる、とはこういう光景を指すのだろう。きのう発売された村上春樹さんの新作小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の話だ。書店では作品を手に客がそわそわレジ前に列を作り、開店前に店員が積み上げた本の山は刻々と低くなっていく。
発行部数はすでに50万部を超すことが決定済みだ。ここまでの人気の理由は何なのか。

自分が小説で語ろうとすることは何か。村上さんはある随筆でこんなふうに説明する。「人間は生涯に何かひとつ大事なものを探し求めるが、見つけられる人は少ない。もし見つかったとしても致命的に損なわれている。にもかかわらず我々は探し続けなくてはならない。そうしなければ、生きている意味がなくなるから」

(新作の)主人公は「大事なもの」を守るため、つらい過去の真相を知る旅に出る。勇気を得る読者もいるだろう。

・・・大事なものを探すのが生きる意味。だとしても、作家の見方に従えば、我々の大部分は「失望」する定めにある、ってことか。自分について言えば、大事なものを探そうにも、そもそも何が大事なものか見当もついていないのだった。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »