« リフレ政策、是か非か | トップページ | 村上春樹の小説が語るもの »

2013年3月28日 (木)

竹田城の訪問、有料に

竹田城といえば、雲海に浮かぶ巨大石垣群の画像で知られる山城。近年、その人気は高まっており、この秋以降は訪問者から「入場料」を取ることが決まったそうだ。本日付日経新聞の記事からメモする。

「天空の城」とも呼ばれ、ここ数年で訪れる人が急増している兵庫県朝来市の国史跡・竹田城跡の観覧料を徴収する条例が27日、市議会で可決、成立した。

市によると、今年10月以降、高校生以上から300円を徴収する。中学生以下は無料。閑散期の12月11日から3月19日までは対象外。

竹田城は1400年代中ごろに築かれたとされ、今は標高約350メートルの山頂に造られた石垣が残る。来場者は2010年度に5万2千人だったが、11年度は9万8千人、12年度は21万5千人に急増。朝来市はトイレの維持管理費や警備費の捻出を迫られていた。

・・・しかし5万、10万、20万と倍々で訪問者が増加しているのは驚く。何でかな~と思って検索してみると、特に去年は映画(「あなたへ」高倉健主演)の中に竹田城が出てきたらしくて、それも理由の一つかもしれない。もともと竹田城は山城ファンの「聖地」であったが、とにかく一般人の認知度も高まっているのは結構なことだ。

誰が決めたか知らないが、いちおう「三大山城」というと、備中松山城(現存天守)、岩村城(標高最大)、高取城(比高最大)が挙げられる。しかし竹田城はそれらとは別格扱いというか、専門家も「織豊期城郭の傑作」と認めるこの城を、「日本一の山城」と呼ぶことに躊躇いはない。訪問者増が一時的なものに終わらないことを願います。

(自分が竹田城に行ったのは4年前のこと)

|

« リフレ政策、是か非か | トップページ | 村上春樹の小説が語るもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/50997795

この記事へのトラックバック一覧です: 竹田城の訪問、有料に:

« リフレ政策、是か非か | トップページ | 村上春樹の小説が語るもの »