« 民主主義は、めんどくさい。 | トップページ | 上原ひろみと「プログレ」 »

2012年10月 3日 (水)

サラエボ・ハガダー

再来年は第一次世界大戦勃発100周年。なので自分的にはこの頃サラエボが気になっているところに、なぜか本日付日経新聞コラム「春秋」でサラエボに係わる話が書かれていたものだから、これは以下にメモするしかないでしょと。

20年前。独立間もないボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボは、激しい民族紛争の焦点となっていた。砲弾や銃弾が飛び交い、街のあちこちが破壊される混乱のなか、市内の図書館で保管されていた一冊の本が、行方不明になった。「サラエボ・ハガダー」という。 

ハガダーとは、ユダヤ教徒が過越(すぎこし)の祭りで読む冊子だそうだ。14~15世紀に制作されたとされる「サラエボ・ハガダー」は、その時代のハガダーとしては画期的な美しい挿絵入り。人類の宝ともいうべき文化財だ。図書館が砲撃を浴びているさなか、これを安全な場所に移して守り抜いた学芸員がいた。イスラム教徒だった。 

実は、この本をイスラム教徒が救ったのは、この時が初めてではない。街がナチスの支配下にあった70年前。ユダヤ人を目の敵にしていたナチスに奪われないよう、保管していた博物館の学芸員が命をかけて隠した。 

以上は、20年前の紛争のころに記者として現地にいたジェラルディン・ブルックスさんの記事によるところが大きい。

・・・とにかく、初めて聞く話なので、とりあえずネット検索すると、「サラエボ・ハガダー」が作られたのはレコンキスタ完了以前のスペイン。キリスト教とユダヤ教とイスラムが共存した時代のイベリア半島から、ヴェネツィア経由でバルカン半島のサラエボに辿り着いた、らしい。そして、上記のブルックスさんがこの書物を巡る物語を綴った『古書の来歴』という小説があって、昨年の「翻訳ミステリー大賞」受賞作だという。自分は小説を読まない人間なので、全く知らない作品であり賞でありましたが、アマゾンのレビュー等を目にすると、世の中には自分の知らない本を熱心に読んでいる人がたくさんいるのだなあと感心しましたね。

|

« 民主主義は、めんどくさい。 | トップページ | 上原ひろみと「プログレ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/47299471

この記事へのトラックバック一覧です: サラエボ・ハガダー:

« 民主主義は、めんどくさい。 | トップページ | 上原ひろみと「プログレ」 »