« 「パラサイトシングル」の変質 | トップページ | 宗教改革という「再形成化」 »

2012年8月19日 (日)

『おもかげ復元師』

17日夜のNHKで「復元納棺師」さんの番組を見た翌日、書店に行くとその納棺師、笹原留似子さんの著書2冊が山積みになっていたので、まず絵本を開いて立ち読み開始。涙が本に落ちないように気をつけながら読了(苦笑)。で、もう一冊のエッセイ『おもかげ復元師』(ポプラ社)を購入。

映画「おくりびと」で知られるようになった納棺師という職業。亡くなった方の遺体を清め、表情を整えて棺に納める。笹原さんは、損傷の激しい遺体でも生前の表情を復元する技術に長けているとのこと。もともと岩手県北上市でお仕事をしていたが、今回の震災・大津波で亡くなった方の復元にボランティアで取り組んだ。

笹原さんの手により復元された遺体に対面した家族が、思わず故人に声をかけ涙を流し悲しみを露わにしていく有り様は、どのエピソードにも心を揺り動かされる。まさに深く濃い浄化の時間がそこにある。

笹原さんの復元技術は驚異的なものらしい。大人には遺体が「元に戻った」「寝ているみたいだ」と驚かれ、子供たちから「魔法使いなの?」と尋ねられる。「こんな顔じゃない」と言われることは一度もなかったそうだ。とにかく完璧ということなんだろう。

人間の心は、弱い。直視できない現実というものがある。残酷すぎる現実を、少なくとも「悲劇」として心の受け入れ可能なレベルにまで修正する。そんな笹原さんの「魔法」の内実は、強い意志に支えられた根気の要る作業である。

「復元でいちばん大事なこと。それは、自分に負けないことです。勇気と根性です。そして、この人は生きていたのだ、とあらためて理解することです」と笹原さんは記す。

そんな笹原さんでも、小さい子供を復元する日が十日間続いた時には、つらくて悲しくて声が出なくなり、ベッドから起き上がれなくなったという。そして、知り合いの住職に自分の思いのたけを打ち明け、その返事に泣きながら心の整理をつけて、再びボランティアに向かったのだという。

世の中には、地味だけどこんな凄い人がいるんだと、ただただ敬服する。

震災から1年半近く経って、自分はこの本でようやくその現実の一端を知る思いがした。震災の中心には2万人の死がある。膨大な数の、大切な人を失ったという経験がある。そのことに少しでも思いを致すことがなければ、「復興」や「絆」などの言葉を並べてみても、空疎に響くだけだろう。

|

« 「パラサイトシングル」の変質 | トップページ | 宗教改革という「再形成化」 »

コメント

何かコメント書こうとしましたが、うまく書けません。


目の前の人が、この世に生まれ、歩んできた人生を想像し、その人に深く寄り添う。 

死者に魂を取り戻す過程で、本人の意思を、家族や遺族の思いを復元に反映させていくのかもしれません。


掛け替えのない命なんて、誰もが言いますけど、自分はこれまで安易に使っていなかっただろうかと省みました。

想像力の欠如。

概して加害者は被害者への想像力が欠如し、強者は弱者への想像力が欠如すると言われます。

そして、人は大切なことを忘れてしまいます。


震災ボランティアへ行かれる方は立派ですね。

私は自分のことだけで、もう精一杯。精神的にも体力的にも金銭的にも余裕がないと、無理。

散歩途上でのゴミ拾いはやっていますけど。


投稿: はっしー | 2012年8月29日 (水) 14時43分

コメントありがと。

俺も時々路上の空き缶拾ってコンビニのゴミ箱に入れるよ。(中の飲み残しやタバコの吸い殻には注意!)

投稿: よしひこ | 2012年8月29日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/46747879

この記事へのトラックバック一覧です: 『おもかげ復元師』:

« 「パラサイトシングル」の変質 | トップページ | 宗教改革という「再形成化」 »