« カール大帝、「聖戦」のはじまり | トップページ | 「長い16世紀」 »

2012年7月31日 (火)

宇野常寛VS山口二郎

今週の「週刊東洋経済」(8/4号)、宇野常寛の連載エッセイ「お金には(たぶん)ならない」からメモする。タイトルは「今、二大政党制を問い直す」。宇野が出演したNHK「日曜討論」(7/15放映)に絡んだ話だ。

今の自民党と民主党に、はたしてどれだけの違いがあるのか。両党とも、反米から親米、新自由主義から社民路線、と一つの党の中に勢ぞろいしている呉越同舟政党であり、その結果、選挙のたびに出てくるマニフェストは両党とも最大公約数的な「緩いバラマキ」路線のものにしかならない。そもそも、事実上「ほとんど変わり映えのしない」二大政党制というもの自体、意味がない。

僕は番組でストレートにこの点を追及した。すると、政治学者の山口二郎氏と経済学者の浜矩子氏から、信じられない内容の応答があった。

両氏は共に二大政党制の推進と民主党政権の樹立を強力に主張してきた論客だ。山口氏は、この20年――つまり細川内閣からの20年――で進行した政界再編と政治改革を否定されること、つまり現状の二大政党制のマヒをもってしてこの20年の成果を否定されることは、自分の人生を否定されることと同じだと反発した。この際、山口氏の人生が肯定されるかどうかは論点でも何でもないと思うのだが、氏は実際にそう発言した。そして浜氏とともに、今は「忍耐」の時期で、二大政党制(&民主党政権)の成熟を国民は「待つ」べきなのだと主張した。はっきりいって国民をバカにしているとしか思えない。

・・・この「日曜討論」は自分も見たのだが、「宇野ちゃん、快調だな」という感じで、なかなか楽しかった。同じNHKの「ニッポンのジレンマ」出演時と異なるのは、年上世代が相手ということから、一見宇野ちゃんが討論の攪乱要因にも思われたけど、実はまっとうなことを言ってるのは宇野ちゃんなのだった。山口先生があの爬虫類の様な目付きで、「自分の人生を否定されたようだ」と告げる表情は何かクラ~イ感じがしたぞ(苦笑)。個人的には自分とほぼ同い年の山口先生よりも、20も年下の宇野ちゃんの話に共感するところ大だったな。

政権交代可能な二大政党制を目指して、えっちらおっちらやってきた日本の政治だが、ようやく形が整うまで20年もかかってしまい、どうやら二大政党制自体が時代遅れのものになりつつあるような気もする。二大政党制の本家である英国も今は連立政権だし、米国も二大政党への不信から無党派層が増加しているようだし・・・さて、この政党政治ってやつは、いつまで続くんだろうか。

(追記)今週号の内容を巡り編集部と軋轢が生じて、連載終了が決まったらしい。宇野ちゃんの書いたことには何の問題も無いぞ。東洋経済もケツの穴が小さいことよ。

|

« カール大帝、「聖戦」のはじまり | トップページ | 「長い16世紀」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/46520724

この記事へのトラックバック一覧です: 宇野常寛VS山口二郎:

« カール大帝、「聖戦」のはじまり | トップページ | 「長い16世紀」 »