« UKライブ(2012) | トップページ | ヘッセン方伯フィリップの話 »

2012年6月24日 (日)

「魔女狩り」雑感

最近、カルチャーセンターで神聖ローマ帝国、中世史や中世哲学の講義を聴いていて、気分の中心は西洋中世に向いているのだが、そうなると自ずと思い出されるのが、いわゆる「暗黒の中世」に関わる話、特に「魔女狩り」、だ。

実は子供の頃から、魔女狩りは得体の知れない恐怖の対象として、心の底のどこかで気になっていた。子供心に不安な思いを与えたのは、少年マガジンの大伴昌司大図解だ。手元にある『復刻「少年マガジン」カラー大図解』(講談社、1989)を開くと、そこに怪獣や未来社会のイラスト解説に混じって、「魔女入門」なる特集(1970年7月12日号)を見ることができる。当時小学5年生の僕が、この特集の内容を理解できたとはもちろん言えないが、その得体の知れない印象、そして結語の「宗教と政治が結びついたとき、このような悲劇がおこるおそれがある」との言葉は、自分の心の中に深く落とし込まれたように思う。この特集の典拠は岩波新書『魔女狩り』(森島恒雄・著)で、同書奥付の第1刷発行日は1970年2月20日。なので、当時出たばかりの岩波新書をビジュアル化していたことになる。いやもうホントに、あの頃の少年マガジンは小学生の教養書だったとつくづく思う。大伴昌司は偉大だ!

さて、魔女狩りというと中世っぽいイメージだが、最盛期はルネサンスや宗教改革が始まった後に来るので、中世末期というか、むしろ近世の出来事なのだった。『図説魔女狩り』(黒川正剛・著、河出書房新社)によると、ヨーロッパ全土で処刑者は約5万人、1570年から1630年にかけて激化。多発したのは神聖ローマ帝国領内で、犠牲者の約半数が含まれる。17世紀後半になると、北欧や東欧、北米のイギリス植民地にも、魔女狩りの波は及んだ。

これももうかなり前の話だが、テレビの出来事バラエティ(?)番組で、セーラムの魔女裁判を取り上げていたのをたまたま見た時も、やはり得体の知れない感覚を覚えた。この17世紀末の植民地アメリカで起きた事件を基にした、「クルーシブル」という映画があるとのことだが未見。

たぶん既に古典であろう岩波新書『魔女狩り』を読むと、魔女裁判とは異端審問の新たな展開であることが説かれている。その異端審問制は、13世紀初めの異端アルビ派(カタリ派)殲滅(アルビジョワ十字軍)に始まる。・・・ということで、魔女狩りの意味を考えるとなると、「正統と異端」についても本を読まなきゃいけないらしい。はぁ。

魔女狩りにより、罪のない人が何万人も殺された。拷問そして嘘の自白、最後は火あぶり等の処刑。まさに狂気の沙汰。その歴史だけ見ると、西洋人は得体が知れないと思うほかない。とはいえ、極端に見える事象に物事の本質が示されている、というのはまま在ること。なので、ヨーロッパの陰画である魔女狩りには、ヨーロッパの本質が凝縮されていると言ってもよい。関心を持続しておきたい所以。「魔女狩りには、たとえば次のような事象が関係していた。古代ギリシア・ローマ神話の遺産、キリスト教による異教の弾圧、正統教会による異端の迫害、ユダヤ教徒をはじめとする社会的周縁者の差別、宗教改革・反動宗教改革、近世国家における家父長制の進展と女性の立場の悪化、科学革命、近代的思考の誕生・・・・・・いずれもヨーロッパの歴史や文化を考えていく上で重要な事象である」(『図説魔女狩り』の「あとがき」より)。

|

« UKライブ(2012) | トップページ | ヘッセン方伯フィリップの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/45828326

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔女狩り」雑感:

« UKライブ(2012) | トップページ | ヘッセン方伯フィリップの話 »