« 原発事故当時のドタバタ劇 | トップページ | 「草食系皇帝」フリードリヒ3世 »

2012年5月31日 (木)

小沢一郎という「意味不明」

本日付日経新聞社説は、野田佳彦首相と民主党の小沢一郎元代表の会談が平行線に終わった結果について、「堂々巡りを繰り返してもきりがない。小沢元代表との物別れは踏ん切りを付けるよい機会だ」と指摘して、小沢元代表の言動を批判。以下にメモする。

消費増税を巡り、野田政権は民主党の党内議論を経たうえで関連法案を国会提出した。与党議員は一致団結して法案成立を目指すのが筋だ。小沢元代表も例外ではない。どうしても消費増税に反対ならば離党するしかあるまい。 

そもそも小沢元代表は1993年に出版した自著「日本改造計画」で、当時3%だった消費税率を10%に引き上げるよう主張した。細川内閣では事実上の消費増税だった国民福祉税構想を推進した。 

この期に及んでの反対は政策論というよりも、与党内での主導権を取り返すための政局論と受け止められても仕方ない。与党にとどまりつつ、政権の足を引っ張るのはやめてもらいたい。

・・・過去20年、政界の権力闘争の中心人物であったともいえる小沢一郎。しかし最近の言動は全くもって意味不明。政策論にはもちろん、政局論にもなっていない。小沢が頑なに反消費増税を貫けば、野田政権は最後には野党案丸のみ、話し合い解散にまで突き進む可能性は大きいだろう。そして遠くない時期に総選挙になった場合、小沢及びそのグループに何かしら利益があるようには見えない。つまり、反消費増税に拘る小沢は、自分で自分の首を絞めているとしか思えない。もはや小沢一郎は存在そのものが意味不明の政治家、と言うほかない。

|

« 原発事故当時のドタバタ劇 | トップページ | 「草食系皇帝」フリードリヒ3世 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/45482562

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎という「意味不明」:

« 原発事故当時のドタバタ劇 | トップページ | 「草食系皇帝」フリードリヒ3世 »