« 柄谷行人と「反原発運動」 | トップページ | 「ニッポンのジレンマ」第2回 »

2012年3月31日 (土)

日銀は変わっちゃいない

本日付日経新聞市況欄コラム「大機小機」(日銀は「本気」か?)からメモする。

2月14日の金融政策決定会合以来、「日銀は本気か」との問いをよく聞く。 

本気かどうかは、日銀の行動いかんにかかる。これまでの日銀の行動様式は①自分からは動かない②緩和は遅く引き締めは早く③金融政策の作用よりも副作用、効果よりも限界を気にする、とまとめられる。今回はどうか。 

第1に日銀の腰は重かった。今回の緩和には政治家をはじめ各界からの要望が大きく働いた。日銀が無謬でない限り、日銀の政策は常に批判にさらされるべきである。
第2に、日銀は3月の金融政策決定会合で追加的緩和を打ち出すのを見送った。日銀は政策会合で2回続けて緩和を行わないのが慣例だ。この慣例に沿ったことで、従来通りという印象は強まった。
第3に、3月24日の白川総裁発言である。このタイミングで、長期にわたる金融緩和が「金融システムを不安定にさせ、ひいては実体経済や物価を不安定にする」と述べ、「副作用や限界」について意識する必要があるという。総裁の面目躍如である。
 

(2月の決定は「デフレ脱却に向けたコミットメント」であると、宮尾龍蔵審議委員は発言しているものの、)過剰な期待は禁物ではないだろうか。

・・・日銀は変わっちゃいませんね。2月の円安転換も、若林栄四流に見れば、相場のトレンドが極まったということで、反転のきっかけ待ちだった相場が日銀の政策決定を材料にしたという感じだし、金融緩和そのものに大きな力があったとは見えない。

まあ、とにかく円安転換でデフレ脱却に向けた光明が見えてきたのは朗報。しかしここでまた日銀が先行き不安材料になる。若林氏は自著の中で、物価が少しでも上昇の気配を見せれば、日銀が「余計なこと」をしたがる、彼らのレゾンデートルにかけて「何か」をしてくることを懸念しており、とにかく日銀は不作為であっていい、下手に作為を働かすことのないよう切に願う、と記している。私もそう願います。

|

« 柄谷行人と「反原発運動」 | トップページ | 「ニッポンのジレンマ」第2回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/44700054

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀は変わっちゃいない:

« 柄谷行人と「反原発運動」 | トップページ | 「ニッポンのジレンマ」第2回 »