« 世界史を学び宗教を理解したい | トップページ | 新書大賞『ふしぎなキリスト教』 »

2012年2月 7日 (火)

死ぬ時の後悔5つ

検索するままに人様のブログで遭遇したのが、英ガーディアンの「Top five regrets of the dying」という記事(2/1付)。あるオーストラリア人の看護婦さんが記録した、死にゆく人々の語る後悔、その代表的な事柄は以下の5つだそうです。

1. I wish I'd had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.

2. I wish I hadn't worked so hard.

3. I wish I'd had the courage to express my feelings.

4. I wish I had stayed in touch with my friends.

5. I wish that I had let myself be happier.

・・・何というのか、人にどう思われようと自分に正直に生きる勇気があれば、もっと幸せになれたのに、ってことですかね。

しかし欧米系の人たちは自己主張して生きてるんじゃないの?何か意外です。

そんなに一生懸命働かなくてもよかった、というのは自分にはたぶん無い後悔ですね。(苦笑)

友だちとの絆をしっかり保っておけばよかった、というのは自分的にはなかなか難しいなあという感じです。もちろん願わしいことではあるけれど。

自分もこの年(50歳過ぎ)になると、後悔はしてますよ。もっと根性があれば、もう少しマシな人生だったんじゃないかって。でもね、根性があったら、それオレじゃないんだよ(苦笑)。だから結局、こんなところだよなオレの人生、ってそこそこ納得してたりします。

まあ残りの人生も、なるべく自分に正直に生きることを心掛けたいです、ハイ。

|

« 世界史を学び宗教を理解したい | トップページ | 新書大賞『ふしぎなキリスト教』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/44022559

この記事へのトラックバック一覧です: 死ぬ時の後悔5つ:

« 世界史を学び宗教を理解したい | トップページ | 新書大賞『ふしぎなキリスト教』 »