« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

皇帝カール5世とモーリッツ候

大した予備知識も無しに美術館に行くと、「この絵はここにあったのか」と驚くことがたまにある。先日のスペイン旅行で訪ねたプラド美術館で出会ったのは、神聖ローマ帝国の皇帝カール5世を描いた大きな絵。皇帝は甲冑姿で槍を持ち黒い馬に跨っている。これ、ここにあったんだ~、しかしおっきいな~。(縦横およそ3×3メートル)

Photo_4
この皇帝像は、『図説・神聖ローマ帝国』(菊池良生・著、河出書房新社ふくろうの本)の図版で記憶していた。絵のタイトルは「ミュールベルクのカール5世」。ミュールベルクとは、シュマルカルデン戦争(1546~47)で皇帝軍が大勝利を収めた地。この皇帝とシュマルカルデン同盟(プロテスタント諸侯)との戦争では、プロテスタントかつ同盟の指導者にも近い関係にありながら皇帝側に付いたザクセン候モーリッツが大いに働いた。

勝利した皇帝は帝国議会を招集し、ルター派を異端とする取り決めを突き付ける。これに諸侯、諸都市が次々に従う中、プロテスタントの有力都市マクデブルクが断固拒否を表明。ならばと皇帝は、モーリッツに10万の大軍を預けてマクデブルクに差し向けた。ところが、ここでモーリッツは敵方と取引。マクデブルクが偽りの降伏を示した後、モーリッツは皇帝に宣戦布告。叛乱軍に追い詰められた皇帝は、辛うじて落ち延びていった。1552年のことだ。

この反逆劇の話を聞くと、日本人としては、どうしても本能寺の変(1582)が思い出される。しかし、織田信長を抹殺した明智光秀とは違って、モーリッツの目的は、皇帝の強圧的な反プロテスタントの姿勢に対する異議申し立てだった。この後、皇帝の弟フェルディナントが調停に入り、皇帝側とモーリッツの間に和議が成立している。

それでも、信長と光秀みたいな話が中世ドイツにもあったんだと面白く思う。同じ16世紀の出来事、年数にしても30年しか違わないしなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

トレドのバルで

先日のスペイン旅行(2/18~24)における自分のメインはトレド。中世ヨーロッパにおける、イスラム学からラテン学への「翻訳センター」、12世紀ルネッサンスの発信地を訪ねる、そんな感じ。

トレドに着いたのは2月21日夕方。旧市街にあるホテルに泊まる。(団体ツアーでトレド泊があるのは珍しい。大概マドリッドから日帰りで行くパターン)

夜の町を歩くと、さすがに古都の雰囲気が濃厚にある。旧市街の東、アルカサル近くに位置するソコドベール広場から、お店の並ぶコメルシオ通りをぶらぶら歩いていく。すると、ある小さな飲食店の中で明らかに東洋人と思える黒髪の女性が店を切り盛りしているのが目に付いた。外に出されたメニュー板にはサンド類やプレートが並び、いわゆるバル(タパスと呼ばれる小皿料理を出す居酒屋)よりは、もう少し軽食屋さんに近い感じで、店名にもカフェテリアとある。非常に意外な光景で気になったのだが、もう少し周辺をぶらぶらする。

で、行きつ戻りつ、迷った挙句、意を決して件の店に踏み込んだ。小さいが明るい店内にはテーブル3つ、狭いカウンターがあり、何組かの客がいる。カウンターの端に座り、例の彼女にメニューを渡される。東洋人には見えるけど、いちおうスペイン語で「ウノセルベッサポルファボール」(ビールください)と言うと、「日本の方ですよね」と日本語が返ってきて、(ああ、そうか)という感じになり「はい」と答えた。

店を出る時に、自分の好奇心を満たす最低限の事柄を、30代後半と思しき彼女に尋ねてみた。20年以上前からあるこの店は2年前に改装。スペイン人の御主人と共に、彼女は11年前からここで働いているとのこと。

こんなところで、というほどトレドは辺鄙なところではないが、それでも地球の裏側のスペインで日本人女性ががんばっているのを見るのは、不思議な感慨があった。旅は予想外のことに出っくわすと、印象深いものになる。

お店の名前は「cafeteria ZOCODOVER」。トレドに夜滞在する機会がある日本人は、訪ねてみるとよいと思う。

Photo_3
(写真は翌朝撮ったものです)

(追記)クチコミ情報のサイトを眺めていたら、この店を紹介した投稿を見つけた。店名の読み方は「ソコドベール」らしい。要するに広場の名前そのままでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

スペイン旅行

Photo

スペインに行ってきた。2月18日土曜日から24日金曜日までの7日間、団体ツアー参加の周遊旅行。バルセロナのサグラダファミリア、グラナダのアルハンブラ宮殿、コルドバのメスキータ、トレドの旧市街等の世界遺産を観光。バス移動中の車窓風景で印象に残ったのは、アンダルシア地方の広大なオリーブ畑。行けども行けどもオリーブの木が植えられた丘が続く。アーモンドの花も咲いていて、これは丁度一年前のシチリア旅行で見ていたから、「おお、こっちにもあるんだ」という感じ。長距離バス旅行には、飴玉、地図、ウォークマンは必需品ですね。

マドリッドのプラド美術館では、素晴らしく色鮮やかな「モナリザ」が展示されていた。何でも最近の調査で、ダビンチのモナリザとほぼ同時期に弟子が描いた模写であると判定されて、一般公開の運びとなったそうな。3月にはフランスに移動してルーブルで展示されるとのこと。

マドリッドではピカソの「ゲルニカ」も見た(国立ソフィア王妃芸術センター)。ゲルニカと言えばスペイン内戦。しかしこれは正直日本人には余り馴染みのない戦争。帰国してから少しネット検索して眺めてみたけど、やっぱりもう何が何だか分からない戦い。

写真は、「プラドのモナリザ」と「ゲルニカ」のポストカード、サグラダファミリアの栞、エル・グレコ作品(「オルガス伯の埋葬」部分)の栞(トレドのサント・トメ教会)、です。

ポストカードや栞は、旅行中にお札を崩す時、あるいは逆に小銭を減らしたい時の買い物として実用的な面もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

新書大賞『ふしぎなキリスト教』

「中央公論」3月号で発表された「新書大賞」。昨年刊行された新書の中で、高い評価を集めて大賞に輝いたのは『ふしぎなキリスト教』(橋爪大三郎と大澤真幸の共著、講談社現代新書)。

雑誌掲載の著者二人のミニ対談では、発行部数20万部に達した理由は全然わからない、震災が遠因か、という橋爪先生の発言もあったけど、売れた理由は編集者に聞いた方が良いかもしれない。編集者は『生物と無生物の間』(福岡伸一・著)も担当した方とのことで、かなり有能な感じがします。

大体、昨年起きたことは何でも震災が理由になるってことは無いわけで、そもそも「キリスト教」を知りたいという読者のニーズがあることは、一昨年に雑誌「Pen」のキリスト教特集が大いに売れたことに、ハッキリ示されていたと思う。だから、「Pen」の特集に続いて『ふしぎなキリスト教』が現れた時、これは一つのトレンドだなと自分は納得する感じがあった。

なので、震災がなくても、この本は売れたはずだし、今この本を出す著者及び編集者の意図も、多くの読者に確実に伝わっているだろう。

対談の最後に大澤先生は、「日本はキリスト教とは異なる文化的伝統のなかにありながら、西洋の制度や学問を取り入れて近代化してきました。西洋の中核にあるのがキリスト教ですから、社会をトータルに理解する上で、キリスト教は要になっているように思います」と語っている。

おそらくこのような認識は、近代化をほぼ終えた今の日本人に多かれ少なかれ意識されているだろうし、だからこそ、『ふしぎなキリスト教』は多くの読者に支持されたのだと思われる。

(ブログ内関連過去記事)
キリスト教と理性 (2011.6.12)
「橋爪×大澤」トークイベント (2011.8.31)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

死ぬ時の後悔5つ

検索するままに人様のブログで遭遇したのが、英ガーディアンの「Top five regrets of the dying」という記事(2/1付)。あるオーストラリア人の看護婦さんが記録した、死にゆく人々の語る後悔、その代表的な事柄は以下の5つだそうです。

1. I wish I'd had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.

2. I wish I hadn't worked so hard.

3. I wish I'd had the courage to express my feelings.

4. I wish I had stayed in touch with my friends.

5. I wish that I had let myself be happier.

・・・何というのか、人にどう思われようと自分に正直に生きる勇気があれば、もっと幸せになれたのに、ってことですかね。

しかし欧米系の人たちは自己主張して生きてるんじゃないの?何か意外です。

そんなに一生懸命働かなくてもよかった、というのは自分にはたぶん無い後悔ですね。(苦笑)

友だちとの絆をしっかり保っておけばよかった、というのは自分的にはなかなか難しいなあという感じです。もちろん願わしいことではあるけれど。

自分もこの年(50歳過ぎ)になると、後悔はしてますよ。もっと根性があれば、もう少しマシな人生だったんじゃないかって。でもね、根性があったら、それオレじゃないんだよ(苦笑)。だから結局、こんなところだよなオレの人生、ってそこそこ納得してたりします。

まあ残りの人生も、なるべく自分に正直に生きることを心掛けたいです、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »