« 「成熟債権国」移行には準備不足 | トップページ | 死ぬ時の後悔5つ »

2012年1月31日 (火)

世界史を学び宗教を理解したい

やっぱり宗教や歴史を学ばなきゃね・・・本日付の日経新聞、イギリスの元首相トニー・ブレア氏の「私の履歴書」最終回を読んで、改めてそう思った。まずはブレア氏の語るところをメモする。

私は今、世界の異なる宗教間の相互理解を深めることに情熱を注いでいる。この問題は21世紀の世界には決定的に重要な問題だ。
グローバル化時代に平和共存を実現するには、異なる信仰を持つ人々が互いに理解し尊敬しなくてはならない。20世紀には政治的イデオロギーの衝突が大きな傷を残したが、21世紀は文化や宗教のイデオロギーの衝突が大きな問題になりかねない。

上記のブレア氏の思いに同感する。特に日本人にとっては、異文化でしかないキリスト教とイスラム、唯一絶対神を信仰する二大宗教をそこそこ理解してないと、このグローバルな御時世、いろいろ困惑する場面が出てくる感じ。

そして我々にとって宗教を理解するためには、宗教の教義よりも、宗教の歴史を知ることが有益だと思う。宗教は歴史的な経緯を経て、今の社会や制度を形作ったことを知る、要するに宗教の歴史も含めた世界史を学ぶことが必要。

振り返れば自分が世界史をやり直したいと思い始めたのは、1989年ベルリンの壁が有名無実化した時。東西冷戦が終わり、例えば「ハプスブルク」の中欧が復活する、というような話を目にして、高校生の時、世界史をまじめにやらなかったことを少々後悔した・・・(社会科のフルイチ先生にお情けで単位をもらった記憶があります)。

しかしやり直そうとは思っても怠け者の悲しさ、なかなか実行できないまま時が過ぎて、そうこうするうちに次は2001年、「9.11」の衝撃がやって来た。ここでまた、イスラムとは何だあ~って感じになって(ビンラディンの「啓蒙」効果は認めざるを得ない、恐ろしく乱暴なやり方だったけど)、やっぱり世界史やらなきゃあと思いながらも、勉強に取り組まないまま何となく時は流れていった・・・結局怠け者です。

しかし勉強の時は意外な形で訪れた。それは4年前、手術のため1ヵ月入院した時。物理的時間的に何か本を読むしかない状態となり、病室に山川の「詳説世界史研究」を持ち込んで遮二無二通読。(フルイチ先生、やっと俺世界史勉強しました)

その後、『もういちど読む山川世界史』が出た時も驚きつつ、なるほどこういうニーズはあるんだな、歴史を勉強したい社会人は結構いるのだ、と感心しつつ読んだ。さらに、歴史能力検定の世界史3級(基礎的なレベル)を何度か受けたりして、勉強を何とか継続。

先日も、日本橋丸善で『世界史』上下2巻(ウィリアム・H・マクニール、中公文庫)が、ひと山積んで置かれているのが目に付いた。本の帯には、東大・早稲田・慶應でよく売れているとの惹句。そうだ、みんなで学ぼう世界史そして宗教。

何にせよ日本人は、キリスト教的精神やイスラム的制度には殆ど縁が無いので、そういう意味では宗教オンチだけど、だからこそやろうと思えば、かなりクールに宗教を理解できる立場にいると思う。

|

« 「成熟債権国」移行には準備不足 | トップページ | 死ぬ時の後悔5つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/43938809

この記事へのトラックバック一覧です: 世界史を学び宗教を理解したい:

« 「成熟債権国」移行には準備不足 | トップページ | 死ぬ時の後悔5つ »