« 欧州、「90年代日本」状態に | トップページ | 日本はロシアと組むべし »

2011年10月10日 (月)

関ヶ原を歩く(久しぶり)

今日はJR東海さわやかウォーキングに参加するため、関ヶ原に遠征。今回のタイトルは、さわやかウォーキング開催第一号 20年前のコースを振り返る「関ヶ原古戦場めぐり」、ということで、とにかく祝20周年、今や定番コースの関ヶ原を久しぶりに歩いた。

関ヶ原駅を出発して、主なポイントは福島正則陣跡、大谷吉継の墓、宇喜多秀家陣跡、小西行長陣跡、島津義弘陣跡、石田三成が陣を構えた笹尾山、丸山のろし場、徳川家康の最終陣跡、そして東首塚・井伊直政陣跡と巡って関ヶ原駅に帰る。西軍諸将の主要な陣地は網羅されているコース。

で、笹尾山では「関ヶ原東西武将隊」なる人々のパフォーマンスが披露されていた。といっても、とりあえず最初にダンス・パフォーマンスした後は、ずっとトークして30分の出演を終わってたけど。しかし歴史上は最後は歩行困難、目も見えなくなった大谷吉継が、華麗な動きで舞い踊っていましたね・・・。(^^;

Photo
出演の最後にポーズを決める関ヶ原東西武将隊。左から島左近、大谷吉継、石田三成、徳川家康、本多忠勝、井伊直政の面々。しかし家康君は、もう少しそれらしくならんかねえ・・・。今週末15、16日は関ヶ原合戦祭り、さらに29日は名古屋で、当地の先輩格とも言える「名古屋おもてなし武将隊」とのコラボが予定されているそうです。

|

« 欧州、「90年代日本」状態に | トップページ | 日本はロシアと組むべし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/42424308

この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原を歩く(久しぶり):

« 欧州、「90年代日本」状態に | トップページ | 日本はロシアと組むべし »