« カレーライスはcurry and rice? | トップページ | 先進国、「日本化」のドツボに »

2011年8月19日 (金)

「レッド・マンデー」20周年

今日は8月19日。本日付日経新聞1面のコラム「春秋」からメモ。

ソ連解体の流れを食い止めようとした1991年の保守派クーデターから、きょうで20年。三日天下で終わった保守派の乱は、逆に民主化の嵐を巻き起こし、ソ連崩壊の引き金になった。ところが、当時の高揚感はどこへやら。昨今のロシアでは、ソ連崩壊を悔やむ国民が6割近くに上るという。

直近の世論調査でも、この事件を「民主革命の勝利」としたのは、わずか10%。「国の破滅を招いた悲劇的なできごと」「単なる権力闘争」と突き放す市民がほとんどだった。

・・・う~ん、ロシア人というのはよく分からんな。
ところで、あの1991年8月19日は月曜日で、このクーデター騒ぎのニュースにより株価が下落したため、証券業界的には「レッド・マンデー」なる呼び名もある。その4年前、1987年10月19日月曜日の米国株大暴落が「ブラック・マンデー」なので、黒と赤、証券業界的には記憶に残る呼び名の出来事なんだけど、あんまり一般的ではないようですな。(苦笑)

|

« カレーライスはcurry and rice? | トップページ | 先進国、「日本化」のドツボに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/41281764

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッド・マンデー」20周年:

« カレーライスはcurry and rice? | トップページ | 先進国、「日本化」のドツボに »