« 切実なる哲学 | トップページ | 素晴らしきウルトラQの世界 »

2011年6月26日 (日)

2012年2月、相場は大転換?

若林栄四氏は新著『デフレの終わり』(日本実業出版社)で、黄金分割の数字を駆使した日柄分析による相場予測を展開。ドル、日本株、金相場の要点をメモしてみる。

米ドルは2012年2月にかけて最安値を付けにいく。対円で1ドル=74円がメド。そこで円高局面は終わり、長期円安局面へと反転する。目標は、2025年の1ドル=180円。

日本株は震災で当面の底値を付けたが、やはり2012年2月までは上昇しにくい状況が続く。しかし、それを過ぎれば、本格的な円安トレンドの到来とともに、株価も本格上昇に向けた準備段階の動きに入る。まず2012年10月に1万2000円程度でいったん高値を付ける。その後2013年10月に向けて下落。9000円前後の安値を付けて、そこからようやく日本株は長期上昇トレンドに入る。

金は、米ドルと逆相関の関係にある。つまり、米ドルが売られると金が買われ、逆に米ドルが買われると金が売られる。ということで、2012年2月までの金価格は上昇トレンドを描くことになる。高値のターゲットは、1800~2000ドル。

・・・いずれにしても、2012年2月に相場が大転換するということで、何が起きるのかその時を心して待つことにしよう。

|

« 切実なる哲学 | トップページ | 素晴らしきウルトラQの世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/40559899

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年2月、相場は大転換?:

« 切実なる哲学 | トップページ | 素晴らしきウルトラQの世界 »