« ルサンチリーマン。(笑) | トップページ | 金の高値と「冷戦後」の終わり »

2011年4月 3日 (日)

国難の中で普通に生活する

昨日の朝、フジテレビで平原綾香が「Jupiter」を歌っていた。確か新潟中越地震の時もリクエストを集めたこの曲、すっかり「被災者応援ソング」のポジションを固めちゃったみたいだ。

アエラ緊急増刊「東日本大震災」掲載の著名人の提言を眺める。震災に対して、一丸とならなくていい、一斉に立ち上がらなくていい、と述べる香山リカの言葉をメモしてみる。

この災害というピンチをチャンスに変えよう、日本が一丸となって難局を乗り切ろう、そういう機運が高まっています。メディアでは著名人やスポーツ選手が「今こそ立ち上がろう」と強いメッセージを送る。でも、これだけの深い傷を負って、そんなにタフな人がどれだけいるでしょうか。

いまは、歩みを止めてじっくりと哀しみに向き合えばいい。何万人もの人が亡くなり、行方不明になった大震災だからといって、個々の人にとっては個別の出来事です。それぞれの喪失感をかみしめる時間が必要です。個人の感情を追いやって、「1日も早い復興を」と言うのはおかしいと思う。

私たちが被災地のためにできる最も大事なことは、あえて「なにもしないこと」なんじゃないかと思います。不安定にならないで、それぞれの持ち場を守りながら生活を続けること。みんなが一斉に立ち上がらなくても、余力をためておけば、もっと後に自分の力が必要になる時がくるかもしれない。

・・・ほぼ同感。今回の地震・津波そして原発事故は、社会に大きなショックを与えた。未曾有の大災害に直面して、危機を克服しなければという思いが強まり、「がんばろう」とのかけ声が溢れ、せかされるように募金が集まる一方、水の買いだめに走るとか野菜の購入に神経質になる、あるいは各種行事の自粛ムードが漂うなど、ポジティブにせよネガティブにせよ、不安心理を克服しようとする防衛反応が過剰気味というか、社会の中にやや不自然で病的な徴候が現れている感じがする。まあ何しろ非常事態が継続中なので仕方のない面もあるし、それでも今のところ日本社会は概して健全な心理状態にあるとは思いますが。

土台、被災を免れた人が今、被災者や被災地に何ができるかといえば、直接的にできることは限られている。ボランティアの受け入れ態勢が整うまでには、まだ時間がかかるだろうし。原発事故にしても、政府が頼りなかったり、電力会社がいい加減だったりしても、とにかく今は現場の専門家や担当者に任せるしかない。結局、普通に生活できる人は、普通に生活してればいいんだよ。そして普通に金を使うこと。まあ節電はするにしてもね。

|

« ルサンチリーマン。(笑) | トップページ | 金の高値と「冷戦後」の終わり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/39470861

この記事へのトラックバック一覧です: 国難の中で普通に生活する:

« ルサンチリーマン。(笑) | トップページ | 金の高値と「冷戦後」の終わり »