« 映画「ウォール・ストリート」 | トップページ | 震災と円高 »

2011年3月11日 (金)

大地震!会社から歩いて帰る

午後3時前、東北地方で非常に強い地震が発生、東京も震度5強の揺れに襲われた。震度5っていう地震は過去に覚えがなくて、自分の経験ではたぶん最大で震度4だったと思うんだけど、とにかく今回の揺れの激しさは非常に不安な気持ちにさせられた。

会社にいて、結構大きな揺れが長い間続いて、それが収まった後はいったんビルの外に出て近くの公園まで行ったが、既に周囲のオフィスから大勢の勤め人が集まっていた。しばらくしてから会社に戻ったが、電車が止まっているということで、これは再開がいつになるか判らないと思い、早目に帰宅を開始。

中央区新川から、目指すは江戸川区葛西。東に向かって歩き出し、隅田川の永代橋を渡って門前仲町。だいたい午後5時。そこから北に進み清澄庭園へ。5時15分。ここに来たのは、都営バスの葛西行きに乗れることを期待したから。停留所にバスを待つ人の列もできていて、自分もその中に入ってみた。が、どうも来るような感じでもないので、結局15分後、前進あるのみと腹を括って再び東に向かって歩き始める。5時30分。

日没。途中、江東区の境川でバスが止まっているのが目に入る。乗ろうかな~と思ったのだが、何となく既に避難訓練モードに入っていて、とにかく葛西まで歩いてみるかということで、引き続き前進。まあ今日は都民の避難訓練の日だな。これもいい経験だ。清洲橋通りから一本南の葛西橋通りに出ると、人がぞろぞろ歩いている。みんな、荒川にかかる葛西橋を目指す人たちだ。夜の寒風吹きすさぶなか、葛西橋を渡る人の列が続く。しかし荒川放水路って大きい川だなあ。なかなか対岸に行き着かない。東西線の電車に乗ってるとすぐに通過する距離なんだけど。葛西橋をようやく渡りきってジャスコに到達。7時15分。とりあえずここまで来れば、という安堵感。7時30分、西葛西駅。タクシー乗り場に長い列。電車はやはり動いていない。再開の見込みも立っていない。歩くしかなかったなと納得。晩飯どうしようかと迷いながらも、早仕舞いしている店も目に付き、そりゃそうだなと思いつつ歩き続けて、葛西駅、そして8時過ぎにウチに着いた。

部屋はどうなってるのか、見るのがちょっと恐かったが、とにかく本棚が倒れてなくて良かった。大きな本棚にはつっかえ棒はしていた。それが有効だったのかどうか。スチール本棚が倒れてなかった。これは有り難かった。いくつかの小物が倒れていた。あと和室の電灯のカサがずれていた、そんな程度。しかしガスが使えなくなっていた。これはどうやるんだっけ。また後でいいか。

まあとにかく会社からウチまで3時間歩けば着く、ということが判った。病気で少し足が悪くなってるけど、歩けば歩けるもんだ。しかし革靴で歩き続けるのはしんどい。会社にスニーカーを用意しておこうかな、とか。

|

« 映画「ウォール・ストリート」 | トップページ | 震災と円高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大地震!会社から歩いて帰る:

« 映画「ウォール・ストリート」 | トップページ | 震災と円高 »