« 「トイレの神様」は沖縄伝来? | トップページ | NHK「MISSION」 »

2011年1月13日 (木)

鳥居みゆきという存在

最近、「イロモネア」で鳥居みゆきを初めて見て、何この昔の「アングラの女王」みたいな人、ホントにお笑いの人?って感じで変に印象に残った。さらにその後、マンガ「臨死!!江古田ちゃん」のドラマ化で主演すると知って、正直マンガを読んでないんだが、とにかく見た目そのまま、ぴったりって感じでまたインパクト受けた。

で、ドラマ「臨死!!江古田ちゃん」、今週火曜日深夜の第1回を録画して見た。しかし鳥居みゆき、怪演ですな。何しろ主人公は自分の部屋では全裸で生活している(洗濯物が少なくてすむ、というのがその理由)。もとが4コママンガとのことで、ドラマも15分という短い放送時間の間にさらに短いエピソードが積み重なる構成で、見る方が唖然としているうちに終わってしまうのだった。

とりあえず鳥居みゆきのDVD作品をひとつ(狂宴封鎖的世界「再生」)観てみた。う~ん、何だろうこれは・・・不条理コントとでも呼ぶのか。しかし鳥居みゆきは、これを「お笑い」として提示しているのだろうか。鳥居みゆきは素直に芝居をやるべき人ではなかろうか。不条理でブラックな展開の中に、わざとらしくなく笑いをブレンドするのは、相当の技が必要な気がする。

|

« 「トイレの神様」は沖縄伝来? | トップページ | NHK「MISSION」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居みゆきという存在:

« 「トイレの神様」は沖縄伝来? | トップページ | NHK「MISSION」 »