« 基礎研究を支援するのだ | トップページ | 中国マネー、日本株を買う »

2011年1月30日 (日)

大河ドラマで「馬揃え」再現

本日放送の大河ドラマ「江」第4回は、戦国時代の軍事パレードである「馬揃え」のシーンを見せてくれた。マンガでは「へうげもの」が描いているけど、映像で「馬揃え」の再現を過去に見た覚えは無いので、もちろんTVドラマだから規模的には限界があるにしても、NHK、なかなか意欲的だなという感じがした。まあ、お話の筋については最近の大河ドラマの傾向、要するに戦国ホームドラマ的な展開ではありますが。

「馬揃え」というと、自分が思い出すのは、若桑みどりの大著『クアトロ・ラガッツィ』の記述。同書によれば、この一大イベントによって、信長は自らが日本の国王だと示したのである。同書第三章「信長と世界帝国」からメモ。

フロイスはその『日本史』でくわしくその盛況を書いている。
「信長はその栄光を示すために、きわめて気品のある有名なある行事を開催した。装飾された競技場には飾り具をつけた馬にまたがり、できるかぎり華美ないでたちの700人の武将と、諸国から見物に来た20万人に近い群集が集まった。見物人のなかには、高貴な男女や僧侶たちとともに内裏(天皇)も姿を見せていた。信長は、巡察師、司祭、修道士を招き、よく見物できる高台に設備した桟敷をわざわざ提供した。司祭らはかねてこの目的のために、金
の装飾をした濃紅色のビロードの椅子を信長に贈呈していた。信長はこの椅子をことのほか喜び、自分の入場に勢威と華麗さとを加えるために、それを4人の男に肩の高さに持ち上げさせてみずからの前を歩かせた。そして信長は行事の最中、彼の身分を誇り、その偉大さを誇示するために、一度馬から降りて椅子に座ってみせ、ほかの人間とは異なった人間であることを示した」

このときの信長のいでたちはたいへん変わっていて、『信長記』巻十四には、信長は眉を描き、「金紗」という唐・天竺では天子や帝王の用いるという唐織物を身に着け、「後ろに花を挿した帽子」をかぶり、紅梅に白の模様の豪華な小袖をまとっていた。その華やかないでたちは、神のようだったという。

こういう記述に照らしてみても、今回の大河ドラマの「馬揃え」、信長周りは椅子や衣装など結構頑張って作っていたと思う。信長の後ろには、黒人の家来(ヤスケ)も控えていたようだったし。(ヤスケがいると、個人的にはポイント高いぞ)

|

« 基礎研究を支援するのだ | トップページ | 中国マネー、日本株を買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/38672112

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマで「馬揃え」再現:

« 基礎研究を支援するのだ | トップページ | 中国マネー、日本株を買う »