« 居酒屋「池田屋」 | トップページ | 資本と国民(国家)の分離 »

2010年11月14日 (日)

奈良井、妻籠、馬籠を歩く

JR東海さわやかウォーキングが、13日奈良井、14日妻籠~馬籠と2日連続で中山道コースの日程を組んでいたので、東京から一泊旅行として参加した。

13日土曜日は、新宿駅朝8時丁度出発の特急「スーパーあずさ」で塩尻まで行き、そこから奈良井に向かう。駅に到着した時は、ウォーキング最終スタート時刻の11時を過ぎていたが、マップもくれたし、そそくさとコースに入り、奈良井宿の西側の山道、といっても車が通れるほど幅の広い道を一人でとぼとぼ歩いていく。1時間半ほどで鳥居峠入口(峰の茶屋)到着、折り返す格好で奈良井宿の方へ下っていく。ここからは以前歩いたことのある道。下りでもあるし、1時間もしないうちに奈良井宿に到達。もちろんゴール最終時刻の3時までには余裕を持って駅に戻れた。夜は中津川駅前のホテルに宿泊。

P1040118_2

14日日曜日の朝、中津川からウォーキングスタート駅の南木曽に向かう。臨時列車で8時23分到着。いつものように中高年の参加者多数。この時間の到着者は、名古屋駅6時半出発の人々。みなさん熱心なのである。
今日のコースは南木曽駅から妻籠宿、さらに馬籠峠を経て馬籠宿に至る13㎞余りのコース。距離が長めだし、結構上ったり下りたりして、歩き応えあり。実感していることだが、ウォーキングイベントでは、周りに人が歩いているから自分も歩き通せるので、一人で歩いてたら間違いなく途中でへたれる。道中で耳にした、休憩中のおじさんの声。「一人じゃ上れん。みんなおるから上れる」。そのとおりじゃ。

P1040166_2

妻籠宿も馬籠宿も結構賑わっていた。秋の旅行シーズンということで、そぞろ歩く団体ツアー客も結構目に付いた。(写真は上から奈良井宿、妻籠宿、馬籠宿)

P1040178

|

« 居酒屋「池田屋」 | トップページ | 資本と国民(国家)の分離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/37668158

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良井、妻籠、馬籠を歩く:

« 居酒屋「池田屋」 | トップページ | 資本と国民(国家)の分離 »