« 資本と国民(国家)の分離 | トップページ | メタル「ビッグ4」DVD »

2010年11月25日 (木)

三島由紀夫没後40年

1970年11月25日、三島由紀夫が自決して今日で40年。

当時、自分は小学5年生。とにかく不可解な出来事だった(そりゃそうだ)記憶がある。

でもそれなりに関心を持って、ある週刊誌の「三島由紀夫最後の絶叫」と題された付録ソノシート(死語)を聞いた。てっきり割腹の時の叫び声でも入っているのかと思ったら(まさかねえ)、市ヶ谷バルコニーにおける演説が収められていたのでした。でも、集まった自衛隊員から飛び交うヤジやヘリコプターらしき騒音の中で、非常に聞き取りにくい録音だった。というか、そもそも何の話だか分からんのだけど。しかし意味が分からないままに、「シビリアンコントロール」という言葉を初めて覚えましたね。

それと、父親が「B式だね」とか言ってるのを聞いて、何だろうって感じだったが、後で「美意識」であることを了解。作家の美意識に基づいた行動だと言ってたんだな。

作家が死の直前に記した、日本はやがて消滅して、無機的でからっぽな経済大国が極東の一角に残る、との「予言」はよく知られている(・・・のかな。20日付日経新聞コラム「春秋」にも引用されていたけど)。物質的繁栄の中で日本的「精神」が失われることを、作家は危惧していたのだろう(たぶん)。しかし40年経った今、日本は「精神」どころか、経済の強固な基盤すら失いつつあるのではないかと感じられる。おそらくこのままいけば、アジア新興国にパラサイトする老大国が極東の一角に残される、ような気がする。

|

« 資本と国民(国家)の分離 | トップページ | メタル「ビッグ4」DVD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/37841111

この記事へのトラックバック一覧です: 三島由紀夫没後40年:

« 資本と国民(国家)の分離 | トップページ | メタル「ビッグ4」DVD »