« 春日山城に行く | トップページ | 竹中平蔵講演会(IRフェア) »

2010年8月29日 (日)

生物の性と死

日曜夜7時からNHKニュースを見て、そのままほっとけば「ダーウィンが来た!」に突入する。この自然番組で多く出てくる場面は、鳥や獣の繁殖期にオスがメスに必死にアピールする姿。それを見るたびに、オスであることの悲哀を感じつつ、あ~この世に性って何であるんだろう、何だかメンドくさいよな~とか思う。

しかし、性がなぜあるかは、科学的にも謎らしい。『まだ科学で解けない13の謎』(マイケル・ブルックス著、草思社)には、「有性生殖をする理由が科学ではわからない」とある。同書はまた、「生物が死ななければならない理由が科学で説明できない」ともいう。そして、死と性は深い関連を持つ可能性が示唆されている。

死と性というと文学的なテーマという印象があるけど、死と有性生殖も科学的に大きなテーマであるようだ。死と性の関連は、『ヒトはどうして死ぬのか』(田沼靖一・著、幻冬舎新書)の中でも指摘されているのでメモ。

有性生殖で子孫を残していくシステムにおいて重要なのは、遺伝子が常にシャッフルされているという点です。
生物は生きている間、さまざまな化学物質や活性酸素、紫外線、放射線などの作用によって、日常的に遺伝子にキズを負っています。古い遺伝子には多くのキズが変異として蓄積します。
老化した個体が生き続けて若い個体と交配し、古い遺伝子と新しい遺伝子が組み合わされれば、世代を重ねるごとに遺伝子の変異が引き継がれて、さらに蓄積していくことになるでしょう。もしこのようなことが繰り返されると、種が絶滅して、遺伝子自身が存続できなくなる可能性もあります。
この危険性を最も確実かつ安全に回避する手段は、古くなってキズがたくさんついた遺伝
子を個体ごと消去することです。

「性」による「生」の連続性を担保するためには「死」が必要であり、生物は「性」とともに「死」という自己消去機能を獲得したからこそ、遺伝子を更新し、繁栄できるようになったのです。

生物の個体を通してしか存続できない遺伝子にとって、生物を環境に適応させていくには「性=遺伝子の組み換え」と「死=遺伝子の消去」を伴う仕組み以上によい方法はないのかもしれません。

・・・性と死は同時発生なのだった。なるほど生物の多くは繁殖期を過ぎると寿命が尽きてしまう、ということを見ても、性と死の密接な関係を感じるわけだが、ヒトは生殖期の後の寿命が長いという特徴がある。たぶん子育てに時間がかかるという事情も関係してるんだろうけど、まあ何にせよ不思議な生き物です、ヒトというのは。

|

« 春日山城に行く | トップページ | 竹中平蔵講演会(IRフェア) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/36412799

この記事へのトラックバック一覧です: 生物の性と死:

« 春日山城に行く | トップページ | 竹中平蔵講演会(IRフェア) »