« 『フランス革命の肖像』 | トップページ | 七尾城に行く »

2010年6月 4日 (金)

聞く耳を持たない、だとさ

鳩山首相の退陣表明について麻生元首相曰く。

「国民が聞く耳を持たなくなった」はないだろう。失政の責任を国民の責任みたいに言うのは間違っている。おれが言ったら絶対たたかれた。(本日付日経新聞)

麻生さん、上から目線で横柄な自分のキャラをよく分かってらっしゃる。(笑)
確かにね、聞く耳を持たない、という言い方はどうなのかね。その後すぐに、それは自分の不徳の致すところだ、と鳩山さんは言葉を続けていたけど、やっぱり違和感は残るので、その辺の理由は麻生さんの言うとおりなんだと思う。

鳩山さんがたたかれなかったのは、結局この人は何かズレてるんだよな~という諦め感が我々にあるからなんだろう。もう首相辞めるんだし、「宇宙人」に何を言ってもしょうがないや、って感じ。

しかしまあ民主党政権というか、「鳩山・一郎」政権って、結局ヘンな政権だった。社民党・国民新党と数合わせの連立、選挙至上主義に引き摺られたバラマキ政策。要するに、権力の基盤固めに躍起になる「第2自民党」政権。

思えば10年前、菅直人は「総理にしたい人」ナンバーワンだった。当時の与党自民党トップは小渕「凡人」首相だったので、なおさら輝いて見えた、ということはあるけれど。その後は小泉「変人」首相の登場で、野党党首は影が薄くなってしまったのだが、とにかくようやく菅さんに出番が回ってきたわけだ。菅総理大臣のもと、今度は「第2自民党」ではない、民主党らしい民主党政権が出来るのではないかと少しは期待したい。てか、とりあえず一年以上、首相を続けてよ。(苦笑)

|

« 『フランス革命の肖像』 | トップページ | 七尾城に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/35056559

この記事へのトラックバック一覧です: 聞く耳を持たない、だとさ:

« 『フランス革命の肖像』 | トップページ | 七尾城に行く »