« 「今回は違う」 | トップページ | 聞く耳を持たない、だとさ »

2010年5月27日 (木)

『フランス革命の肖像』

世界史の勉強で困るのは、人名や地名を見てもイメージがわかない場合が少なくないことだ。そうなると世界史の本は、ただもう記号の山ってことになる。まあ、そういう事情は基本的には日本史だって同じといえば同じだが、自国の場合はさすがに日常生活からもメディアからも、歴史を理解する手がかりは見つけやすいのは言うまでもない。

なので、世界史を学ぶ時は余計にビジュアルが必要だとつくづく思う。とりあえず人物画と地図が欲しい、ぞ。ということで、『フランス革命の肖像』(佐藤賢一・著、集英社新書)は良い企画です。ルイ16世、ミラボー、ラ・ファイエット、マリー・アントワネット、ダントン、ロベスピエール等々、革命に関わった多数の人物の肖像画がカラー図版で登場。ワタシのイチオシはサン・ジュスト。本書の人物素描を少々メモしてみる。

サン・ジュストといえば絶世の美男と相場が決まる。実際に肖像画をみても、なかなかの美青年である。実際にサン・ジュストは女性に間違われることがあったらしい。

サン・ジュストの父親は軍人だった。この父親から後に革命家となる息子は、果断な発言、大胆な行動、厳格な規律等々の志向を受け継いだようなのだ。

例えば、サン・ジュストの名前を一躍高めた演説がある。
「王は裁かれなければならない。統治するうえで犯した罪ゆえでなく、かつて王だったという事実そのものの罪ゆえに。なんとなれば、かような権力の横領を正当化できる理屈などないからだ」
まさしく果断。サン・ジュストは行動力も抜群だった。フランス革命戦争では議会の全権代表として前線に赴き、自ら軍隊を動かして、勝利をもたらしたほどである。

器量の大きさではロベスピエールを優に凌ぐ、あのナポレオンにも匹敵すると、そうまで評する声も贔屓の引き倒しでは片づけられない。少なくとも未完の大器とはいえそうなのであり、してみると、恨みは若すぎたことになるか。

・・・ロベスピエール一派だったサン・ジュストは27歳で処刑された。なるほど少女マンガ的にはおいしいキャラなのだ。

肖像画多数の中に置かれて異彩を放つのが、ダヴィッド画「マラの死」。入浴中に刺殺された革命家マラの最期の現場を写実的に描いていて、思わず見入ってしまう。

しかしね、日本の明治維新というのも全体にヒステリックな感じがして嫌なんだけど、フランス革命となると、殆ど全てが勢いだけで進んでいくような感じがあって、これもかなり怖いものがある。

この本の最後を締めくくるのが、若き日のナポレオンの肖像。これがカッコイーのですね。全く、今のニッポン政治にもナポレオンが必要だと、いきなり思ってしまうのだ。

|

« 「今回は違う」 | トップページ | 聞く耳を持たない、だとさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/34909681

この記事へのトラックバック一覧です: 『フランス革命の肖像』:

« 「今回は違う」 | トップページ | 聞く耳を持たない、だとさ »