« 「見えない国教」 | トップページ | 聖書と絵画 »

2010年3月10日 (水)

ハイテク日本も今は昔

電機ハイテク業界に輝きが失われた今、日本にリーディング産業は見当たらない。本日付日経新聞に、「純利益上位20社」の20年前と現在の比較記事があるのでメモする。

3月期決算企業を対象に連結純利益の上位20社の変遷を調べた。この20年間でバブル経済の崩壊、IT(情報技術)バブルの崩壊に続く3回目の経済危機を経て、上場企業の勢力図は大きく変わった。

バブル崩壊が始まった1991年3月期は松下(現パナソニック)が首位。日立、東芝、ソニー、富士通、三菱電と電機大手が6社入った。日本製の家電や半導体が世界市場を席巻していた時代だ。
しかし2010年3月期には上位20社から電機メーカーは姿を消した。韓国のサムソン電子に代表されるアジア勢に押され、低収益が常態化。かつての基幹産業の面影はない。

2010年3月期の上位20社にはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社が入った。総合商社も大手4社が上位に並んだ。だが、両業種とも日本経済のけん引役になるのは難しい。国内の携帯電話市場は飽和状態なうえ、商社の資源ビジネスは自動車など製造業に比べ、産業のすそ野の広がりが期待しにくいためだ。

国内市場の頭打ちを補う手段として、M&A(合併・買収)に活路を求める企業は多い。
ただ、日本企業の国際的な存在感の低下には歯止めがかからない。
日本企業は長引くデフレというハンディも背負う。新興企業との競争に勝ち残るには企業努力だけでなく、デフレ克服に向けた政府の成長戦略も欠かせない。

・・・今週発売の雑誌「サピオ」でも、「日の丸エレクトロニクス惨敗」という現実が取り上げられている。電機業界の現状レポートを眺めると、嘆息しか出てこない。

|

« 「見えない国教」 | トップページ | 聖書と絵画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/33717109

この記事へのトラックバック一覧です: ハイテク日本も今は昔:

« 「見えない国教」 | トップページ | 聖書と絵画 »