« 秋山真之といえば | トップページ | 織豊ドラマは飽きない »

2010年1月31日 (日)

幸若舞「敦盛」

まずは『大河ドラマ入門』(小谷野敦・著、光文社新書)からメモ。

大河ドラマに限らず、織田信長といえば「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」という「敦盛」の一節を謡うのが常である。だが、信長が謡ったのは、謡曲の「敦盛」ではなくて、幸若舞の「敦盛」である。

『平家物語』で、熊谷次郎直実が平家の公達敦盛を討って、無常を感じて出家した話に基づくもので、詞章は同じだが節回しが違う。だが、幸若舞は福岡県大江に伝えられて重要無形文化財に指定されているが、「敦盛」の節は分からないから、ドラマなどでは謡曲で代用している。

ところが2005年から幸若舞「敦盛」の復元作業が行われ、08年に上演されたが、これは謡曲の荘重な節とは違い、やや軽みを帯びたものだったから、恐らく今後、信長もののドラマが作られても相変わらず謡曲で代用するのだろう。

・・・そいつは知らなんだ、節回しが違うのか、へぇ~。

てか、謡曲って何だ?(苦笑)
能のストーリー兼歌詞。言葉の部分。
じゃあ幸若舞は?(また苦笑)
能や歌舞伎の原型といわれる日本最古の舞楽(舞を伴った雅楽)。
・・・だそうです。(またまた苦笑)

検索してみると幸若舞「敦盛」のユーチューブ映像音声あり。有り難いことですね。

|

« 秋山真之といえば | トップページ | 織豊ドラマは飽きない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/33192902

この記事へのトラックバック一覧です: 幸若舞「敦盛」:

« 秋山真之といえば | トップページ | 織豊ドラマは飽きない »