« 第二次世界大戦・カラー版 | トップページ | 2010年正月のスカイツリー »

2009年12月26日 (土)

映画「キャピタリズム」

マイケル・ムーア監督の最新作「キャピタリズム マネーは踊る」を観た。このドキュメンタリー映画は結構情報量が多くて、自分的には消化不良の部分もあるけど、とりあえず印象の雑記。

かつてアメリカの資本主義は、人々が豊かになる原動力だった。しかし今では貧富の差を拡大させる原動力だ。リーマン・ブラザーズ倒産が引き起こした金融危機への対策として、7000億ドルという巨額の公的資金が用意されて金融機関は救われたが、庶民は危機が招いた不況のため失業したり、住宅ローンが払えなくなって差し押さえられた家から追い出されたりする、という状況は続いている。

シティ・グループのレポートは、今やアメリカは、1%の富裕層の富が、95%の庶民の富の合計を上回り、これはもはや民主主義社会ではない、という認識を示している。しかし95%以上の人が投票権を行使すれば、社会は変えることができるはずだ。

だが、今回の危機に対応する金融機関救済法案は、下院で一度否決された後、NY株の暴落と政治工作を経て、結局は可決されることになった。政策当局には多数のウォール街関係者が入り込んでいたので、彼らの意向が強く反映されたと見てよいだろう。

かつてルーズベルト大統領が語った理想の社会は、いまだ実現されていない。今の資本主義の不当性に対して、我々は団結して闘っていくしかない。

・・・この映画が訴えているのは資本主義の悪と民主主義の回復、というか、まずは正義を実現せよ、ということかな。

|

« 第二次世界大戦・カラー版 | トップページ | 2010年正月のスカイツリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/32749911

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「キャピタリズム」:

« 第二次世界大戦・カラー版 | トップページ | 2010年正月のスカイツリー »