« スターリンとベリヤ | トップページ | 日本国債が暴落する日 »

2009年12月20日 (日)

駿府を歩く

今日は駿府、要するに静岡、を歩いた。例によって「JR東海さわやかウォーキング」である。

静岡駅の隣の東静岡駅からスタート。護国神社から谷津山を上って下りて、市街地を通って、駿府公園に至る。そこから北に向かい、臨済寺から折り返して南下、浅間神社を通って、静岡駅にゴールする、というコース。天気はよく晴れてたけど、いやもう風は冷たいし、鼻水たらしながら歩いてた。(苦笑)

駿府公園は、駿府城の跡地。駿府城といえばもちろん、将軍職を退いた徳川家康が大御所として居住した隠居城。今はもう、城跡の風情も余り残っていない、だだっ広い公園だけど、東御門・隅櫓など一部の建物が復元されている。

P1030376 臨済寺は、今川氏の人質となった少年・家康(竹千代)が、勉学した寺とのこと。お寺の門のところにある説明板には、概略以下のように書かれている。
「臨済寺は、今川義元の軍師太原雪斉が開山した。この時代が今川家の最盛期でもあった。徳川家康は竹千代時代、今川家の人質として、この太原雪斉から文武両道を学んだ。雪斉は弘治元年(1555年)10月10日、60歳でこの世を去った。雪斉の没後5年の永禄3年5月、桶狭間の合戦で義元が敗死。今川家は雪斉によって興り雪斉を失って衰亡したといえる。」

織田が今川を滅ぼした後、豊臣を経て、今川のもとで学んだ家康が天下を取る・・・何となく因果は巡る風車という感じ。

P1030380 浅間神社から静岡駅に向かう浅間通りの中程に、山田長政の生家跡という説明板があった。江戸時代初めに、タイの日本人町で活躍した、そういう人いましたねえ。駿府の出身ですか。胸像も置かれていたけど、商店街という環境の中で、そこはかとなく場違い感を醸し出していた。しかし、こういう胸像を見ると、「新春かくし芸大会」のハナ肇を思い出してしまう。(刷り込みだよ。笑)

家康の駿府入りからその死まで(1607~1616)、大御所時代は10年にも満たないけれど、確かにその時、駿府(静岡)は日本の「中心」だったと言えるのだろう。

|

« スターリンとベリヤ | トップページ | 日本国債が暴落する日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/32678147

この記事へのトラックバック一覧です: 駿府を歩く:

« スターリンとベリヤ | トップページ | 日本国債が暴落する日 »