« 雇用拡大にはデフレ脱却 | トップページ | 「 P I G S 」 »

2009年12月15日 (火)

ぺイリン、今も人気(らしい)

昨年の米大統領選挙で、共和党の副大統領候補に指名されたサラ・ペイリン。自伝本のサイン会には各地で数千人のファンが押し寄せるなど、保守派のスターぶりは健在とのこと。本日付日経新聞国際面のコラム記事からメモ。

ワシントン・ポストの11月の世論調査で共和党を代表する指導者は誰かを聞いたところペイリン氏(18%)が最多だった。マケイン上院議員(13%)やハッカビー前アーカンソー州知事(7%)は昨年の大統領選の負け組。2012年の有力候補になりえない。

ペイリン氏の行動には、政治家として疑問符が付くものも多い。党のカネで高級服を買い集め、政策論は迷走。今年7月には、はっきりしない理由でアラスカ州知事職を放り出した。

ペイリン氏の品のない語り口は笑いのネタにされることが多いが、共和党の支持基盤でもある白人貧困層にはたまらなく魅力的らしい。決めせりふの「You betcha」は流行語になった。意味は「当然よ」だが、語感は「あたりめ~よ」だろうか。

自伝の題名は「Going Rogue(ならず者で行く)」。既成政治への反発を吸収するため、アウトサイダーを名乗るのはよくある手法で、オバマ大統領も使った。だが、いくらライフル銃片手にシカを狩るのが趣味とはいえ、これでは西部劇に出てくるアウトローだ。

2012年の大統領選へ突っ走るのか。米政界は彼女の動向に神経をとがらせている。

・・・女だてらに保守派の荒くれ者を標榜するペイリンちゃん。まあさすがに次の大統領、なんてことにはならないと思うけど、どこの国でも政治の世界というのは、部外者には理解しにくい動きや流れがあるもんだな。

|

« 雇用拡大にはデフレ脱却 | トップページ | 「 P I G S 」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/32621772

この記事へのトラックバック一覧です: ぺイリン、今も人気(らしい):

« 雇用拡大にはデフレ脱却 | トップページ | 「 P I G S 」 »